のんびり中山道

【 スポンサーリンク 】
木曽十一宿

37宿 福島宿 入鉄砲や出女と福島関所

旅行日:2019年10月31日 宮ノ越宿を抜けて福島宿へと先を急ぐ。 新宿を朝8時の「あずさ5号」で出発して藪原駅着が11時32分。 準備をして11時50分から歩き始めたが、秋は陽が落ちるのが早い。 まして山あいの道なので、夕暮れは更...
木曽十一宿

第36宿 宮ノ越宿 木曽義仲の伝説が多く残る

旅行日:2019年10月31日 暑い夏を避け、9月から中山道歩きを再開する予定であった。 しかし相次ぐ台風の襲来と、それによる中央線特急「あずさ」の運休や中央高速の不通などが続いたが、ようやく交通状況が元に戻った10月末に再開すること...
歴史的人物の墓めぐり

新撰組局長 近藤勇と副長の土方歳三が仲良く眠る

幕末に活躍した新撰組局長の近藤勇と、鬼の副長といわれた土方歳三が、JR埼京線の板橋駅前で仲良く眠っている。 実際には新撰組で生き残った永倉新八が建てた供養塔で、近藤・土方以外に、殉死した新撰組隊士たちの名も刻まれている。 ...
歴史的人物の墓めぐり

うらめしや 四谷怪談のヒロイン「お岩さん」のお墓

日本の怪談話の代表作といえば「四谷怪談」だろう。 「ヒュ~ゥドロドロ」という恐ろしげな効果音とともに現れるお岩さん。 四ッ谷とは全く関係ない場所に、この「お岩さん」のお墓があるという。 中山道から少し外れるが、好奇心にかられて...
歴史的人物の墓めぐり

八百屋お七 わずか16歳で火あぶりの刑に散る

天和2年(1683年)、江戸で「天和の大火」と呼ばれる火事があったが、この火事をきっかけとした、とんでもない事件が発生した。 世に言う「八百屋お七」である。 「八百屋お七」は、江戸・本郷駒込の裕福な八百屋の娘。 大火で焼け出さ...
歴史的人物の墓めぐり

旧街道の道筋に残る歴史的有名人の墓所めぐり

中山道などの旧街道を歩くと、歴史的有名人の墓所に出会うことがある。このような人物は、教科書や小説、テレビドラマの世界の話で、あまり現実感を持っていない。しかし実際の墓所を見ると、歴史のかなたから現実味を帯びて浮かび上がってくる気がする。
木曽十一宿

第35宿 藪原宿 鳥居峠を越えて・・・

旅行日:2019年5月23日 奈良井宿を出ると、すぐに鳥居峠の登り口である。 鳥居峠は標高1,197mだが、奈良井宿の標高が940mと高いので標高差はさほど無い。 この鳥居峠を越えると藪原宿である。 お六櫛と呼ばれる木櫛の産地と...
木曽十一宿

34宿 奈良井宿 木曽平沢から「奈良井千軒」へ

旅行日:2019年5月23日 江戸から34宿目の奈良井宿。 木曽路最大の難所といわれる鳥居峠(1197m)を控え、また曲げ物や漆器、櫛などの木工が盛んで、「奈良井千軒」と云われるほど賑わった。 明治に入り、国道19号が宿場を外れ...
木曽十一宿

33宿 贄川宿

旅行日:2019年5月23日 江戸から京都に向かう場合、通称「木曽路」、木曽11宿の最初の宿場がこの贄川宿である。 昔は温泉があり、「熱川」と書かれていたそうだ。 江戸側の宿場入口に関所があり、「女改め」だけでなく、木曽ヒノキや...
信濃(信州)

32宿 本山宿

旅行日:2019年4月3~4日 日本橋から32番目の宿場である本山宿は、「そば切り発祥の地」といわれている。 「そば切り」という名を聞き、最初はどのような蕎麦なのか?と思ったが、要するにざるそばであった。 蕎麦には様々な食べ方が...
【 スポンサーリンク 】
タイトルとURLをコピーしました