武蔵(武州)

【 スポンサーリンク 】
武蔵(武州)

第4宿 保土ヶ谷宿 賑やかな下町商店街と化した宿場町

神奈川宿(横浜)を出発して、保土ヶ谷宿、戸塚宿を目指す日帰り旅。 昔の人は1日40キロを歩き、日本橋を出発して戸塚宿まで足を延ばした。そのため手前の保土谷宿に泊まるのは、足弱の人と言われたという。超軟弱な私は、すでに日本橋から3日目である・・・
武蔵(武州)

第3宿 神奈川宿 横浜で働いた坂本龍馬の妻「おりょう」

幕末から明治初期の頃の史跡が数多く残る横浜に、幕末の志士・坂本龍馬の妻「おりょう」が仲居として働いていた割烹料亭が、今でも営業を続けていた。 また浦島伝説の残る地もあり、浦島太郎が竜宮城から持ち帰ったという、驚くべきものが残されていた。
武蔵(武州)

第2宿 川崎宿 川崎の風俗の歴史を学ぶ

品川宿から川崎宿への途中に鈴ヶ森刑場跡があり、磔刑や火炙りの刑がどのように行われたのかを調べた。身震いするような方法であったが、それ以上に興味を引いたのは、川崎の風俗の歴史であった。 川崎といえば堀之内・・・だけではなかった!
武蔵(武州)

第1宿 品川宿(2) ビルの谷間に残る昭和の風景

JR品川駅を過ぎ、八ツ山橋を越えると品川宿である。 往時は多数の飯盛女で賑わい、戦後も赤線?として残ったそうだ。今は宿場風景が残るとは期待していなかったが、Deepな雰囲気や怪しげな場所を期待して歩いてみた。
武蔵(武州)

1宿 品川宿(1) 散歩気分で東海道

旅行日:2020年1月10日 戦国武将・福島正則の供養塔が、品川区の三田にあることを知り、訪れてみようと場所を調べ始めた。 調べているうちに、「せっかく品川に行くなら、日本橋から東海道を歩いてみよう!」と思いつき、殆ど衝動的に歩き始めて...
【 スポンサーリンク 】
タイトルとURLをコピーしました