のんびり中山道

【 スポンサーリンク 】
歴史的人物の墓めぐり

小松姫 孫の顔を見に来た義父・真田昌幸を追い返した嫁

NHKの大河ドラマ「真田丸」で、吉田羊が演じた小松姫。 真田幸村の兄で、後に松代藩初代藩主となった真田信之の正室である。 強くて美しい女性だったそうで、いくつかの有名なエピソードが現在に伝わる。 中山道の鴻巣宿にある「勝願寺」に...
木曽十一宿

41宿 三留野宿(2) 十二兼駅から南木曽まで

旅行日:2019年12月13日 野尻宿から三留野宿までの、わずか1宿分、約10kmほどの短い街道旅の後半である。 十二兼の水路トンネルで、猿たちからの思わぬ歓迎を受けたが、十二兼の駅で少し休憩して街道旅の後半戦を続けることにした...
木曽十一宿

41宿 三留野宿(1) 野尻宿から十二兼駅まで

旅行日:2019年12月13日 12月も中旬だが、天気も良く暖かそうなので、2019年最後の中山道歩きに出かけた。 来年4月頃の新緑、できれば桜の季節に妻籠から馬篭を歩こうと思うが、今年中に妻籠の入口である南木曽まで歩を進めてお...
木曽十一宿

40宿 野尻宿 平安末期の武将の子孫に出会う

旅行日:2019年11月2日 須原宿を出て、次の野尻宿を目指して歩く。 野尻宿は外敵を防ぐため、宿場内の道を左右にうねらせた「七曲り」と呼ばれる道が特徴である。 明治27年(1894)の大火で大半を焼失したそうだが、映画「男はつ...
木曽十一宿

39宿 須原宿 (2) 買えなかった「桜の花漬」

旅行日:2019年11月2日 前日は電車の時間の関係でJR倉本駅で終了し、木曽福島に戻って2泊目を過ごした。 そして翌朝、再度倉本駅に戻り、3日目の歩き旅のスタートを切る。 この日の予定は、前日の目標であった須原宿を通って野尻宿...
木曽十一宿

39宿 須原宿 (1) 発見!「浦島太郎の釣竿」

旅行日:2019年11月1日 木曽福島から歩き始め、上松宿を通過。 次の須原宿を目指す。 次の須原宿までは13Kmほどの距離があるが、電車の都合で目標を変更。 倉本駅まで歩いて終わりにすることにした。 そして 時間的余裕が生まれ...
木曽十一宿

38宿 上松宿 中山道の三大難所「木曽の桟」

旅行日:2019年11月1日 木曽福島で1泊した翌日、相変わらずの快晴に恵まれて歩を先に進める。 木曽福島で泊まった宿は、中山道を歩く外人ばかりであったが、これら外人は、馬籠から妻籠、奈良井などを中心に歩いているようだ。 そのた...
木曽十一宿

37宿 福島宿 入鉄砲や出女と福島関所

旅行日:2019年10月31日 宮ノ越宿を抜けて福島宿へと先を急ぐ。 新宿を朝8時の「あずさ5号」で出発して藪原駅着が11時32分。 準備をして11時50分から歩き始めたが、秋は陽が落ちるのが早い。 まして山あいの道なので、夕暮れは更...
木曽十一宿

第36宿 宮ノ越宿 木曽義仲の伝説が多く残る

旅行日:2019年10月31日 暑い夏を避け、9月から中山道歩きを再開する予定であった。 しかし相次ぐ台風の襲来と、それによる中央線特急「あずさ」の運休や中央高速の不通などが続いたが、ようやく交通状況が元に戻った10月末に再開すること...
歴史的人物の墓めぐり

新撰組局長 近藤勇と副長の土方歳三が仲良く眠る

幕末に活躍した新撰組局長の近藤勇と、鬼の副長といわれた土方歳三が、JR埼京線の板橋駅前で仲良く眠っている。 実際には新撰組で生き残った永倉新八が建てた供養塔で、近藤・土方以外に、殉死した新撰組隊士たちの名も刻まれている。 ...
【 スポンサーリンク 】
タイトルとURLをコピーしました