昔の人は何日ぐらいで中山道を歩いたのか?

日本橋
江戸と京都の間を、中山道は約135里(約532Km)の距離で結んでいる。 この街道を、昔の人達はどのくらいの日数で歩いていたのだろうか?

江戸時代の交通手段には馬や駕籠もあったろうが、庶民には手が出ない。 したがって基本的に「徒歩」である。 歩きやすいウォーキングシューズもなく、草鞋(わらじ)を履いての歩きである。 草鞋は3日程度で履き潰したようなので、何足もの替え草鞋を持参していたのだろうか?

東京から京都まで、新幹線で2時間20分の時代に住む我々には、ちょっと想像のつかない世界である。

スポンサーリンク

実録 中山道の旅

別冊歴史読本「図説 中山道歴史散歩」(新人物往来社刊)に、昔の日記などを基にした事例が掲載されていた。 その中から、興味深い事例を2つ紹介する。

新撰組 近藤勇・土方歳三・沖田総司達の場合

後に京都で新撰組となる近藤勇や土方歳三達は、清川八郎率いる浪士組とともに、文久3年2月8日(旧暦)に江戸を出発し、16日間で京都へ着いたそうである。

現在の暦で3月末であれば、和田峠の雪は消えていたのだろうか? それにしても、最大で1日45Kmを歩いたことに驚く。 沖田総司は大丈夫だったのか?

*日付は旧暦。 新暦(西暦)だと、1863年3月26日~4月10日

No 日付 行 程 概算距離
1 2月8日 日本橋~板橋~蕨~浦和~大宮 29.2Km
2 2月9日 大宮~上尾~桶川~鴻巣 18.8Km
3 2月10日 鴻巣~熊谷~深谷~本庄 37.8Km
4 2月11日 本庄~新町~倉賀野~高崎~板鼻~安中~松井田 39.9Km
5 2月12日 松井田~坂本~軽井沢~沓掛~追分 29.9Km
6 2月13日 追分~小田井~岩村田~塩名田~八幡~望月~芦田~長久保 31.7Km
7 2月14日 長久保~和田~下諏訪 29.1Km
8 2月15日 下諏訪~塩尻~洗馬~本山~贄川~奈良井 37.2Km
9 2月16日 奈良井~藪原~宮ノ越~福島~上松~須原 42.0Km
10 2月17日 須原~野尻~三留野~妻籠~馬篭~落合~中津川 39.2Km
11 2月18日 中津川~大井~大湫~細久手~御嵩~伏見 45.1Km
12 2月19日 伏見~太田~鵜沼~加納 32.6Km
13 2月20日 加納~河渡~美江寺~赤坂~垂井~関ヶ原~今津~柏原 37.8Km
14 2月21日 柏原~醒ヶ井~番場~鳥居本~高宮~愛知川~武佐 35.4Km
15 2月22日 武佐~守山~草津~大津 33.9Km
16 2月23日 大津~京都(距離は三条大橋までの場合) 11.7Km

皇女和宮の江戸降嫁の場合

文久元年10月20日、一人の皇女を載せた輿が京都御所を出発した。 幕末の公武合体政策の目玉として、徳川十四代将軍家茂のもとに嫁ぐ皇女和宮の江戸下向である。

とんでもない大行列で中山道を進み、さすがにお姫様だけあって、日数をかけて江戸に向かっている。

*日付は旧暦。 新暦(西暦)だと、1861年11月22日~12月16日

No 日付 行 程 概算距離
1 10月20日 京都・桂御所出発 11.7Km
2 10月21日 大津?
3 10月22日 大津?~草津~守山 20.2Km
4 10月23日 守山~武佐~愛知川 23.5Km
5 10月24日 愛知川~高宮~鳥居本~番場~醒ヶ井~柏原 25.6Km
6 10月25日 柏原~今須~関ヶ原~垂井~赤坂 18.5Km
7 10月26日 赤坂~美江寺~河渡~加納 19.3Km
8 10月27日 加納~鵜沼~太田 24.7Km
9 10月28日 太田~伏見~御嵩~細久手~大湫 29.5Km
10 10月29日 大湫~大井~中津川 23.5Km
13 11月1日 中津川~落合~馬篭~妻籠~三留野 21.9Km
14 11月2日 三留野~野尻~須原~上松 30.1Km
15 11月3日 上松~福島~宮ノ越~藪原 23.9Km
16 11月4日 藪原~奈良井~贄川~本山 20.5Km
17 11月5日 本山~洗馬~塩尻~下諏訪 22.0Km
18 11月6日 下諏訪~和田 21.2Km
19 11月7日 和田~長久保~芦田~望月~八幡 21.9Km
20 11月8日 八幡~塩名田~岩村田~小田井~追分~沓掛 22.0Km
21 11月9日 沓掛~軽井沢~坂本 16.1Km
22 11月10日 坂本~松井田~安中~板鼻 22.4Km
23 11月11日 板鼻~高崎~倉賀野~新町~本庄 27.0Km
24 11月12日 本庄~深谷~熊谷 21.4Km
25 11月13日 熊谷~鴻巣~桶川 23.6Km
26 11月14日 桶川~上尾~大宮~浦和~蕨~板橋 31.0Km
27 11月15日 板橋~日本橋 9.8Km

おまけ・・ 森山源五郎という侍の場合

徳川十一代将軍家斉の頃に、森山源五郎考盛という旗本がいたそうだ。 池波正太郎の鬼平犯科帳の主人公である「鬼平」の後継者にあたるそうだ。

この森山源五郎は12日くらいで江戸から京都へ歩いている。 そして福島宿から中津川宿までの、約61.4Kmを1日で歩いている。 天狗のような早足ですっ飛んでいたことだろう。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です