古い街並み

【 スポンサーリンク 】
百年の街並み

漆工の町 木曽平沢(長野県)

訪問日:2019年5月23日 旧中山道の贄川宿と奈良井宿の中間に位置する木曽平沢。 現在は長野県塩尻市に位置し、江戸時代には中山道随一の漆器生産地として栄え、今日に至っても漆器生産量は日本有数だそうである。 街道沿いには漆器店が...
木曽十一宿

34宿 奈良井宿 木曽平沢から「奈良井千軒」へ

旅行日:2019年5月23日 江戸から34宿目の奈良井宿。 木曽路最大の難所といわれる鳥居峠(1197m)を控え、また曲げ物や漆器、櫛などの木工が盛んで、「奈良井千軒」と云われるほど賑わった。 明治に入り、国道19号が宿場を外れ...
百年の街並み

豊臣秀次と近江商人発祥の街 近江八幡(滋賀県)

訪問日:2019年4月22日 滋賀県の甲賀市にあるミホミュージアムに、国宝の曜変天目茶碗を見に訪れた。 はるばる滋賀まで来たので、1泊した翌日に近江八幡を訪れた。 近江八幡は、豊臣秀吉の甥である豊臣秀次が開いた城下町で、商業都市...
百年の街並み

国宝 松本城から槍ヶ岳を望む 松本市(長野県)

訪問日:2019年4月5日 1泊2日で旧中山道の下諏訪宿から木曽路の入口である贄川まで歩いた。 歩きながら雪で輝く乗鞍や常念岳を眺めているうちに、この白銀の山を背景とした松本城を見ようと、もう1泊延長することにした。 このように...
下野(野州)

日光街道を歩き終えて

徳川幕府により整備された五街道の一つである日光街道は、江戸から宇都宮を経て日光に至る街道である。 幕府の公道として「日光道中」とも呼ばれ、37里半(約147Km)の距離を21の宿場で結んでいた。 2016年12月5日、日光街道の始...
下野(野州)

今市宿から鉢石宿 そしてゴールの日光・神橋へ

旅行日 : 2018年03月26日 昨年9月に宇都宮から今市までを歩いた際に左足を痛め、その後完治と言うには程遠い状態だが、だいぶ歩けるようになった。 そこで日光街道の最後に残された今市から鉢石宿、そして最終ゴールである日光・神橋に向...
百年の街並み

荒行、神隠し そして美女伝説 市川の寺社めぐり(千葉県)

訪問日:2018年2月14日 昨年9月に左足靭帯を痛め、しばらく自宅で引きこもり生活を送っていた。 しかし年が明けて少しずつ歩き始め、無理しない程度にバドミントンの練習も再開した。 そこでいよいよ旧街道歩きの再開を目指し、少し長い距...
百年の街並み

枝垂桜と武家屋敷の街 角館(秋田県)

訪問日:2017年6月28日 乳頭温泉に一泊して秋田駒ヶ岳に登った帰り、更に角館に一泊して武家屋敷を散策した。 時期は6月末なので、枝垂桜はすっかり葉桜であるが、観光客の少ない静かな角館を楽しむことが出来た。 角館の歴史を調べる...
信濃(信州)

28宿 和田宿

旅行日:2017年5月19日 江戸から28番目の和田宿。 次の下諏訪宿まで、5里18町(約22Km)と距離がある。 更にその間には、中山道で最大の難所と言われる和田峠が控えている。 和田峠の標高は約1600m、登り口の男女倉からの標高...
信濃(信州)

27宿 長久保宿

旅行日:2017年5月19日 1年ぶりに再開した中山道歩き旅。 暑いくらいの晴天の中、芦田宿から、次の宿場である長久保宿を目指す。 この長久保宿への道のりは、笠取峠を越えて行く。 そして峠の下りは、「中山道原道」と呼ばれている山...
【 スポンサーリンク 】
タイトルとURLをコピーしました