姿を現した「JFA 夢フィールド」

夢フィールド

千葉市の幕張の浜に建設中の、日本サッカー協会の「JFA 夢フィールド」。 日本代表のトレーニング拠点だけでなく、審判や指導者の養成も行うようである。

新型コロナウィルスの関係で自宅にこもる時間が増えたが、気晴らしの散歩を兼ね、4月のオープンに向けて全容を現した「JFA夢フィールド」の様子を探りに行ってきた。

 

【 スポンサーリンク 】

ほぼ完成した「夢フィールド」

「JFA夢フィールド」は、天然芝のピッチが2面、人工芝ピッチも同じく2面あり、更にフットサルなどにも使えるアリーナも整備されている。

一般の人がどこまで入れるのかと思ったが、グラウンドの周りは自由に行き来ができるようである。

クラブハウス

ロッカールームやバスルーム、トレーニングジムがあるそうだ。 さすがに一般客は足を踏み入れられないだろう。

夢フィールド夢フィールド

クラブハウスの壁面には、シンボルである3本足の「八咫烏(やたがらす)」が・・・

夢フィールド

背景の建物などが映り込んでしまったが、正式名称は「高円宮記念 JFA夢フィールド」だそうだ。

夢フィールド

天然芝ピッチ

天然芝ピッチは2面あるが、「SAMURAI BLUE(日本代表)」や「なでしこジャパン」、U20やU23などの日本代表が主に使用するという。

夢フィールド

すぐ横には、50mほどの直線トラックができていた。 ダッシュの練習でもするのだろうか?

夢フィールド

人工芝ピッチ

人工芝のピッチも2面ある。 日本代表以下のトレーニングや選手育成に使われ、さらに地域のサッカー活動やイベントにも開放されるという。 ピッチの向こうに見えるのは、マリンスタジアム。

夢フィールド

フットサルアリーナ

サッカーだけでなく、フットサル代表の練習場もある。 フットサルだけでなく、室内競技や障がい者サッカーなどの障がい者スポーツにも対応するという。

夢フィールド

練習風景が見られそうだ

天然芝ピッチをはさんで、クラブハウスの反対側に回ってきた。 周りの芝はまだ枯草色だが、もう少し経てばピッチと同じきれいな緑になるだろう。

夢フィールド

ピッチの横には、見学用にいくつかのベンチが置かれている。 後ろの松林を抜けると海辺なので、小さな子供たちを連れて来るには良い遊び場かもしれない。

夢フィールド

温泉施設の建設も進む

付帯施設としての温泉の建設も進んでいる。 これは今年の7月にオープンの予定らしいが、結構大きな建物なので、レストランなども入るのか?

夢フィールド

工事現場に出ていた完成予想図。 外観だけなので、内部の施設など詳細は不明である。

夢フィールド

 

オリンピックの開催が危ぶまれているが、予定通り開催されれば、オリンピックの日本代表が練習で使うことは間違いないだろう。

しかし さほどサッカーに熱い訳ではない。 それより温泉が楽しみである。 我が家から歩いて5分ほどか・・・?

冬なら東京湾の向こうにシルエットで浮かぶ富士山と、沈む夕日を眺めながら、ゆっくりと風呂に浸かる。 そして冷えたビールをグビ~ッ! 至福の時間が期待できそうである。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました