永平寺 写経で邪心を払い心を清める?

永平寺唐門

旅行日 : 2019年3月4日~3月6日

福井の旅2日目。 昨日の雨から一転して青空が広がり、この日の最初の目的地である「大本山永平寺」に向かう。

昨日三国の宿の女将が、「昨年は雪で大変だったけど、今年は雪は少ない」と話していたが、街中にはまったく雪はなく、それほど寒くもない。

雪がしんしんと降る中で、雪に埋もれる永平寺を見たかったのだが、まったく雪国に来たという雰囲気ではない。 これも異常気象のせいなのか?

スポンサーリンク

えちぜん鉄道 ローカル線を楽しむ

宿を出て、「えちぜん鉄道」の三国港駅から永平寺に向かう。

三国湊港駅

車窓からは見渡す限り畑や田んぼが広がり、のんびり2両で走る電車はのどかである。

福井市内から何もない田園地帯を抜け、三国まで鉄道を敷設したということは、芦原温泉と東尋坊に観光客の誘致と、繁栄していた三国とを結ぶためだったのだろうか?

永平寺で写経に挑戦

「えちぜん鉄道」の永平寺口駅で下車し、そこからバスで永平寺に向かう。

永平寺は道元禅師により寛元2年(1244)に開かれた曹洞宗の大本山で、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(日本編)」で二つ星を獲得している。

禅宗の中で最も修行が厳しく、今でも約160名の雲水と呼ばれる修行僧が修行生活を送っているそうだ。

唐門

永平寺バス停から、土産物屋が並ぶ門前町をしばらく歩くと、永平寺入口に到着。 しかし そのまま通り過ぎて「唐門」に向かう。

一般の人が通ることはできないが、樹齢500年といわれる大杉に囲まれた重厚な造りは見応えがある。

永平寺唐門

永平寺入口

唐門から戻り、永平寺入口から参拝受付に向かう。 木々が生い茂る参道に足を踏み入れると、凛とした空気が漂っている。

永平寺

吉祥閣

受付で拝観料を払い、まずは「吉祥閣」という大きな建物に入り、靴を脱いでビニール袋に入れ、持ったままご入場である。

永平寺吉祥閣

見学の前に写経で心を清める

ただ境内を見学するだけでは単なる観光になってしまう。 そこで「座禅」はきついので、「写経」を行おうと申し込む。

写経セットを受け取って写経道場に行くと、まだ誰もいない。 幸いなことに椅子席が2つあり、正座での写経を回避することができた。

永平寺写経部屋

写経は千葉の成田山に続いて2度目であるが、成田山では下書きをなぞって般若心経の写経を行った。

しかし永平寺はお手本を見ながら写経する、想定外の本格的な写経であった。

このやり方では般若心経は文字が多すぎ、集中力は続きそうもない。 もう一つのお手本を見ると、文字数が断然少ない。

何のお経か判らないが、文字が少ないほうを選んで写経開始・・・

写経

字の汚さには絶対的な自信を持つが、何とも酷い字・外人が書いたような文字である。 写経したのは「七仏通誠偈」と「十句観音経」というものであった。

このような酷い字でも図々しく納経したら、後日立派な「納経之證」が送られてきた。

永平寺参拝のマナー

写経を終え「吉祥閣」1階の大広間で、参拝のポイントや注意点の説明を聞く。

基本的には参拝順路に従って進み、立ち入り禁止の場所以外は自由に見学して良いとのこと。 また写真撮影も、修行僧に直接カメラを向けなければ撮影自由であった。

傘松閣

最初に向かったのは「傘松閣(さんしょうかく)」と呼ばれる156畳敷きの大広間で、その天井には230枚もの日本画が描かれている。

花鳥風月の絵が大半だが、鯉、唐獅子、リスが描かれた5枚の絵があるというので探してみたが、首が痛くなってしまった。

傘松閣

僧堂

雲水の修行の道場で、坐禅・食事・就寝など、一日の多くをここで過ごすそうだ。

訪れた日には内部の見学はできなかったが、中からお説教のような声と、それに応える「ハィ!」「ハィ!」という大きな声の返事が聞こえてきた。 まさに修行の最中だったのだろう。

永平寺

回廊で結ばれるお堂

永平寺には「七堂伽藍」という、雲水の修行に欠かせない建物がある。

この建物間は長い回廊で結ばれ、雲水たちが毎朝雑巾がけをしてピカピカに磨き上げている。

永平寺

雲水たちは鳴らし物で動いている

雲水たちの生活は、朝は振鈴と呼ばれる鈴の音で起床し、夜は開枕鈴で静かに眠る・・・ すべて鳴り物が行動の合図になっているそうだ。

廊下に吊られたこの鐘板は、何の知らせを行うのだろうか?

永平寺

法堂

朝のお勤めを行う説法の道場である。 いわゆる本堂にあたり、中央には「聖観世音菩薩」が祀られている。

永平寺

大庫院(だいくいん)

永平寺の台所である。 この大庫院の前には、長さ約4メートルという巨大な「すりこぎが」が吊るされている。

この「すりこぎ」に触れると、料理が上手になると云われているようで、皆に撫でられて木目が現れている。

巨大すりこぎ

大庫院の正面には、足が速いことで有名な「韋駄尊天(いだそんてん)」が祀られている。 今年のNHK大河ドラマの「いだてん」の由来である。

「温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいままで食事を運べるように・・・」という意味合いがあるようだ。

韋駄尊天

山門

永平寺の中で最古の建物で、釘を1本も使わずに造られている。

雲水の人生で2度、入門時と修行を終えた時だけ通ることが許されているそうだ。

永平寺山門

山門の天井を見上げると、永平寺の山号の由来を記した「吉祥の額」が架かる。

吉祥の額

昼食は越前おろしそば

福井に来たら、「カニ」だけではなく「越前そば」も食べておかないといけない。

冷たい蕎麦に大根おろしと刻みネギ、鰹節がトッピングされ、冷たい出汁をかけて食べる、いわゆるぶっかけ蕎麦である。

昨日、雨の東尋坊でも食べたが 、美味しかったので2日続けて食べてしまった。

おろしそば

旧京福電気鉄道・永平寺駅跡

永平寺のバス待合室の裏手を見ると、擁壁で一段高くなっている。 廃線となった京福電気鉄道の永平寺駅跡である。

サイクリングロードにでも変わったのか、休憩所も設けられているが、もう少し廃線の雰囲気を残してあると良いのだが・・・

永平寺駅跡

永平寺は今回2度目の訪問であったが、初めて来た時からはかなりの月日が流れている。 そして歳を重ね・・・ いや重ねすぎたためか、「写経」をやろうと思いついた。

一心不乱に写経に集中することで邪心を払い、心穏やかになるつもりであった。

しかし写経中も様々な雑念が頭をよぎり、その心が酷い字の写経として現れてしまった。

修行の足りなさを実感したが、「凡人はこんなもんだろう!」と勝手な言い訳と、あまり反省することなく、バスで福井市内に向かうこととなった。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください