Amazonを装った怪しいメール 「異常な活動」と「最後の警告」

迷惑メール

「アマゾンから変なメールが2通も来た」と妻から話があった。 届いたメールを見せてもらうと、今年あたりネット上によく書かれていた迷惑メールであった。

メールを読むと、いかにも「中国からやってきました!」と突っ込みどころが多い。

フィッシングメールに「釣られたふり」をして「ポチッ!」とやってみようかと思ったが、後で後悔するかもしれない。 面白半分を我慢して、ゴミ箱へ捨て去った。

スポンサーリンク

「異常な活動」を知らせるメール

怪しげなメールの一つは、「Amazon Service Japanアカウント:異常な活動」というメールタイトルが付いている。

【クリックにて画像拡大】

迷惑メール

発信者のメールアドレスを見れば、一目で「なんじゃコリャ!」である。 国名コードが「cn」と中国になっている。

「詐欺をするなら、もっと考えろ! 巧妙さが足りないんじゃない??」

それに「正しいご情報であることが確認できませんでした」だって・・・

いくら丁寧な言葉づかいでも、「ご情報」はないだろ!

それに「ロクイン」??  もっと日本語勉強せい!!

アカウントを更新する最後の警告メール

もう1通のメールには、「最後の警告メール」という恐ろしげなタイトルが付けられている。



迷惑メール

「更新するのが必要です」だって。

日本人なら、もっとシンプルに「更新が必要です」だよな・・・

「ロクイン」もそのままなので、同じ奴が作っているのか?



このようなメールに、慌ててクリックしてしまう人もいるのだろう。 しかし外部からの脅威には、自分自身で身を護る必要がある。

発信者のメールアドレスを見るのも良いが、それ相当の知識が必要である。 それよりも、今回受け取ったメールのように、

・冒頭に宛先名が無い。

・最後の署名には企業名も部署名もない。

・文面をよく読むと、ビジネス文章とは思えない言い回しが使われている。


このような点に注意して、間違っても要求されたIDやパスワードの入力や、添付ファイルを開かないことである。

「怪しいな?」と思ったら、ゴミ箱へ・・・


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください