2宿 蕨宿

日本橋

旅行日 : 2014年9月22日

板橋宿にある縁切り榎の説明板によると、「嫁入りの際、縁が短くなることを恐れ、縁切り榎の下を通らなかった」と説明されていた。 また「現在の環七交差点付近から、富士見街道、日曜寺門前から愛染通りを経て、板橋宿の上宿に至る迂回路があった」とも書かれていた。 幕末の皇女和宮降嫁時には、この迂回路を通ったという説もあるそうだ。

これを知ってビックリである。 この迂回路にある愛染通り沿いで私は生まれ育ち、日曜寺というお寺は遊びの中心地だったからである。

“旧道”と呼ばれる通りや、縁切り榎も知っていたが、自分の住む家の近辺が、このような歴史を持っていたなど知る由もなかった。 今回は懐かしい故郷再訪を兼ね、板橋宿から迂回路を経由して浦和宿を目指すこととした。

日 付 区 間 里程表 実距離 万歩計 ルート
2014年
9月22日
板橋宿から蕨宿 2里10町 8.9Km 9.4Km 25,189歩 Map
蕨宿から浦和宿 1里14町 5.5Km 4.8Km
合 計 3里24町 14.4Km 14.2Km 25,189歩
日本橋からの累計
(累計日数 : 2日目)
6里6町 24.2Km 25.3Km 50,652歩

里程表 : 別冊歴史読本「図説 中山道歴史読本」より。
実距離 : 各区間のコース計画時、ルートラボを利用して計測した距離。

ルートラボルートを見る → “のんびり中山道”で検索)


スポンサーリンク

縁切り榎の迂回路へ

【縁切り榎】
子供の頃の思い出の地を歩こうと、板橋宿の縁切り榎からスタート。

縁切り榎

【迂回路上の寺】
縁切り榎の少し手前を左折し、17号を越えると愛染通りの商店街である。
愛染通りを進むと智清寺(左)と、右に曲がると日曜寺(右)がある。

智清寺日曜寺

【日曜寺の石橋】
門前に小さな石橋が残るが、このような石橋は智清寺にもある。
「昔は小さな川が流れていた」と親に教えられたことを覚えている。

日曜寺

【 子供の頃の思い出 】
日曜寺の近所で生まれ育った私にとって、日曜寺は「愛染(あいぜん)さま」の愛称で遊びの中心地であった。 仲間同士でかんしゃく玉とパチンコを持って日曜寺の塀を乗り越え、境内で戦争ごっこである。 パチンコで相手を狙ってかんしゃく玉をぶっ放すので、皆ギャーギャー言いながら必死に戦っていた。

やがてお寺の住職らしきお爺さんが、怒りながら杖を振り回して追い払いに出てくる。 我々は雲の子を散らすように、塀を乗り越えて逃げ出すのであった。

現在の子供達と比べるとずいぶん悪ガキだったが、当時(1960年前後)の子供たちの遊びはこんなものだったろう。

【縁切り榎の迂回路】
環状7号の富士見街道交差点までは、通った中学への通学路。
迂回路は交差点の先にあるマンション横の細い道を行く。

縁切り榎迂回路

志村坂上

【色鮮やかなビル】
国道17号沿いの色鮮やかなビル。 このような新しい建物も面白い。

カラフルなビル

【志村一里塚】
日本橋から3つ目の一里塚で、国道17号を挟んで両側に立派に残っている。
写真奥の古い建物は斉藤商店。 一里塚に良く似合う建物である。

志村一里塚

【旧戸田橋の親柱】
17号から右に入り、小豆沢公園に残る荒川の旧戸田橋親柱を見に来る。
昭和7年完成の3代目戸田橋親柱で、昭和53年に現在の橋に架け替えられた。

戸田橋親柱

【大山道道標と庚申塔】
志村坂上の交番から左の旧中山道に入ると、民家前に2基の道標が立つ。
大山道道標には「大山道 并 ねりま川こへみち」と刻まれている。

大山道道標

戸田橋を渡り埼玉へ

【舟渡の板碑】
鎌倉・室町時代に、親の供養などの為に作られた石の卒塔婆だそうだ。
新河岸川の浮間橋を渡り、1本右手に入った道沿いにある。

舟渡の板碑

【戸田橋】
荒川に架かる戸田橋を渡る。 ここから埼玉県である。

戸田橋

【水神社と戸田の渡し跡】
戸田の渡しは、明治8年5月に木橋の戸田橋が完成して廃止された。

水神社戸田の渡し跡

蕨 宿

【蕨宿入口】
17号をしばらく歩くと、石碑と大木戸をかたどった門が迎えてくれる。

蕨宿蕨宿

【蕨宿内の歩道】
蕨宿内の歩道に埋め込まれた円形道標と、中山道六九次宿場のタイル。

蕨宿蕨宿

【蕨宿本陣跡】
蕨市立民俗資料館の隣には、蕨本陣岡田家の門が復元されている。
民俗資料館は、月曜の為休館だった。

蕨宿

蕨宿内は古い商家も多く残る。

蕨宿

【鈴木薬局】
屋根上の看板と、1階正面の「薬」と彫られた看板が目を引く。

鈴木薬局鈴木薬局鈴木薬局

【三学院の目疾地蔵】
三学院の「目疾地蔵」と「六地蔵」
目疾地蔵の目に味噌を塗ると、眼病に良いと言い伝えがあるそうだ。

目疾地蔵

蕨宿は都心に近い割に、歴史街道の雰囲気を良く残している。

蕨宿

私が生まれ育った場所である、「縁切り榎」の迂回路を歩きながら、小学校時代の友人の家を何軒か探してみた。 判ったのは僅か1軒だけで、他の友達などは引っ越してしまったのだろうか? 中学の途中で転校して以来、小学校の友人達とも縁が切れ、クラス会などの通知も来ない。 転校するまで通った板橋区立第4中学校は廃校となり、地域センターの様なものになっていた。

この日は子供の頃の懐かしい思い出を辿りながら、街道歩きとは別の楽しさを味わうことができた。 蕨宿を出て、次の浦和宿を目指す。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です