コスタ・デル・ソル マラガへ

マラガ
6月2日。 アルハンブラ宮殿を見学した翌朝、地中海に面したマラガに向けて、再びバスで移動する。 リスボンを皮切りに1週間が経過し、疲れも溜まる頃である。 そこでマラガでは、旅の疲れを癒す為に、休息を兼ねてのんびりと過ごすことにした。

スポンサーリンク

コスタ・デル・ソル マラガへ

コルドバからグラナダへの移動時と同じ、ALSAという長距離バスで、1時間半ほどでマラガへ到着である。 マラガという街は、コスタ・デル・ソル(太陽海岸)として知られる、ビーチリゾートの入り口にあたる。

マラガへ向かうバスの車窓からは、スペインらしい風景が続く。

マラガへの車窓風景

マラガのALSAバスターミナルに到着。

マラガに津着

パラドール・デ・マラガ・ヒブラルファロ

マラガのホテルは、パラドール・デ・マラガ・ヒブラルファロ(Parador de Malaga Gibralfaro)という、地中海とマラガ市内を一望する、高台に建つパラドールである。 パラドールとは、古城や宮殿などを改装した国営のホテルのことである。

パラドール・デ・マラガ・ヒブラロファロ

今回宿泊した他のホテルと違い、リゾート感のあるホテルである。

パラドール・デ・マラガ・ヒブラロファロパラドール・デ・マラガ・ヒブラロファロ

部屋は思っていたより普通のツインルームであった。

パラドール・デ・マラガ・ヒブラロファロ

しかしバルコニーからの眺めは最高! 青い海にマラガの市内。 眼下には闘牛場も見え、すぐ目の前をカモメが飛び交っていた。

部屋からの眺めバルコニーからの眺め

しばらく眺めを楽しんだ後、市街に向けて歩いて丘を下ることとした。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です