マドリード街歩き

マドリード
ソフィア美術館を後にして、まだ少し余力があったのでマドリードの街を少し歩くこととした。 テレビの旅番組で、スペインの道路元標がプエルタ・デル・ソル広場にあることを知り、それを見に行くことにした。

スポンサーリンク

プエルタ・デル・ソルへ

ソフィア美術館を出て、アトーチャ通りからウェルタス通りをぶらぶら歩きながらプエルタ・デル・ソルへ向かう。

ウェルタス通りを歩く

プエルタ・デル・ソルとは「太陽の門」を意味し、マドリードを取り巻く城壁の門の一つだったそうだが、今は多くの人が集まる広場である。 カルロス3世の像と、TIO PEPEというシェリー酒の看板がランドマークのようである。

プエルタ・デル・ソル広場

広場にはマドリード市紋章のシンボルとなっている、「クマとヤマモモの像」も立つ。

クマとヤマモモの像

日本橋にある日本の道路元標に相当するスペインの道路元標は、プエルタ・デル・ソルのマドリード自治政府庁舎前の歩道に埋め込まれていた。 多くの人が足で踏んで写真を撮っていた。

スペインの道路元標

騎馬警官と結婚式に遭遇

プエルタ・デル・ソルを出て、イサベルⅡ広場へ向かう。 途中にマドリード最古の教会「サンヒネス教会」の壁に、へばりつくように古書店があった。

サンヒネス教会の古書店

この古書店のところを左に入ると、1894年創業というホットチョコとチュロスの店「チョコラテリア・サン・ヒネス」があるが、今回は寄らなかった。

マドリードの花嫁

イサベルⅡ広場からさらに先に進むと、正装した多くの人が教会の前に集まっていた。 結婚式があるようで、休憩を兼ねてベンチでしばらく待つと花嫁がやってきた。

マドリードの花嫁

騎馬警官もやってきた

花嫁の到着を待つ間に、白馬に乗った王子様ならぬ、騎馬警官がやってきた。 別に結婚式のお祝いに来た訳ではないようだ。

騎馬警官

 グルメの殿堂 サン・ミゲル市場

小腹も空いたので、細い路地を歩いてサン・ミゲル市場へ向かう。 ちょっとした広場 というかスペースにはテーブルが並び、ヨーロッパの雰囲気を充分に醸し出している。

サンミゲル市場への道

やがてガラス張りのサン・ミゲル市場に到着。 古くからの食料品市場であったが、2009年に改築して再オープンしたそうである。

サン・ミゲル市場

一歩足を踏み入れると、カラフルな果物や野菜、豊富な種類のチーズやオリーブ、ナッツ。 更に新鮮なシーフードや、天井から吊るされた生ハム・ソーセージが歓迎してくれる。

吊るされた生ハム

何を食べるか目移りしてしまうが、とにかく人が多い。 どの店の前にも人だかりができている。 生牡蠣が美味しそうだったが、ここは牡蠣より人のほうが多いのではと思うくらいで全くダメ。

生ハムの店でイベリコ豚の生ハムをスライスしてもらい、何とか場所を確保してワインも購入。 他にすぐに買えるパエリヤやピザを調達する。

サン・ミゲル市場で小休止

ピザとパエリヤは大したことなかったが、やはり生ハムをつまみに飲むワインは最高であった。

マヨール広場へ

あまりの人混みに少し辟易したサン・ミゲル市場を後にして、マヨール広場へ向かう。 広場の歴史は15世紀にさかのぼり、昔は公開処刑や異端審問なども行われたそうである。

マヨール広場に向かう途中で見かけた、石造りの壁に緑が美しい、雰囲気の良いオープンカフェの店。

雰囲気の良いオープンカフェ

やがてマヨール広場の入り口に着く。 マヨール広場には9つのアーチ型の入り口があり、この階段を持つクチリェロスのアーチが一番有名だそうだ。

マヨール広場クチリェロスのアーチ

マヨール広場は重厚感のあるレンガ色の建物に周囲を囲まれ、中央にフェリペ3世の像が立っている。 2本の塔が立ちフレスコ画の壁面を持つ建物は、マドリードのパラドールになるという話もあったようだが、この話はどうなったのだろうか?

マヨール広場マヨール広場

広場に入った時とは別の門から出て、マヨール広場を後にする。

マヨール広場を振り返る

マドリードのストリート・ミュージシャン

サン・ミゲル市場へ向かう途中、二人のストリート・ミュージシャンがギターの演奏を行っていた。 さすがにフラメンコの本場、素人とは思えない演奏であった。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です