「 雑学 中山道 」一覧

羨ましき・・・ 江戸の銭湯は混浴だった!

羨ましき・・・ 江戸の銭湯は混浴だった!

「銭湯の謎」(銭湯博士 町田 忍著 扶桑社刊)という本を読んだ。 実に様々な銭湯に関する話題が網羅され、雑学として大変面白い本であっ...

記事を読む

江戸の旅 見栄を張った大名行列

江戸の旅 見栄を張った大名行列

「下に~ぃ 下にい」。 先導の露払いの掛け声と、毛槍を持った奴さん等が周囲に威厳を示しつつ、沿道の庶民を土下座させながら整然と進む大...

記事を読む

江戸の旅 旅籠と飯盛女の相場はいくら?

江戸の旅 旅籠と飯盛女の相場はいくら?

旧街道を歩くにあたり様々な下調べを行うが、この下調べが良い勉強になる一方、江戸時代の旅に関して多くの疑問や興味も湧いてくる。 伊勢参...

記事を読む

「旅行用心集」で江戸時代の旅のノウハウを知る

「旅行用心集」で江戸時代の旅のノウハウを知る

図書館で本を探していると、「現代訳 旅行用心集」という背表紙が目に入った。 手に取ってみると、江戸時代に書かれた旅行のノウハウ集のよ...

記事を読む

世界一の花嫁行列 皇女和宮の江戸降嫁 その3

世界一の花嫁行列 皇女和宮の江戸降嫁 その3

京都を出発して25日目の文久元年(1861)11月15日、皇女和宮降嫁の大行列は、無事に江戸の清水御殿に到着した。 こうして中山道沿道の...

記事を読む

世界一の花嫁行列 皇女和宮の江戸降嫁 その2

世界一の花嫁行列 皇女和宮の江戸降嫁 その2

万延元年(1860)、皇女和宮の輿入れが決定。 婚姻相手は徳川14代将軍家茂(いえもち)である。 そして幕府によって、その準備が一斉に始...

記事を読む

世界一の花嫁行列 皇女和宮の江戸降嫁 その1

世界一の花嫁行列 皇女和宮の江戸降嫁 その1

文久元年(1861)10月20日、沿道で行列をすべて見送るには、丸四日を要したといわれる、超巨大な大行列が、京都から江戸に向けて旅立った...

記事を読む

針ヶ谷村の仇討ち その真相は如何に?

針ヶ谷村の仇討ち その真相は如何に?

北浦和から与野に向けて旧中山道(県道164号)を進み、与野駅近くに来ると、車道側に「一本杉」と刻まれた簡素な石碑が立つ。 ...

記事を読む

昔の人は何日ぐらいで中山道を歩いたのか?

昔の人は何日ぐらいで中山道を歩いたのか?

江戸と京都の間を、中山道は約135里(約532Km)の距離で結んでいる。 この街道を、昔の人達はどのくらいの日数で歩いていたのだろうか?...

記事を読む