あぁ勘違い! 風神・雷神の500円記念硬貨を期待して恥をかく・・・

天皇即位記念500円硬貨

手帳の10月18日欄に「500円記念硬貨!」とメモしてあった。 いつ頃メモしたか覚えてないが、東京五輪の「風神・雷神図屏風」の500円硬貨の交換開始と思い込んでいた。

学校でも習った、あの俵屋宗達の描いた国宝の屏風絵。 オリンピックが「風神」、パラリンピックが「雷神」なので、ペアで揃える必要がある。 人気が出そうなので、初日にゲットしようと銀行に足を向けたのである。

スポンサーリンク

窓口の女性に不思議な顔をされる

銀行の窓口の若い女性に

「東京オリンピックの500円硬貨に交換してください!」と申し入れる。

「ハァ ????」 「今日は天皇即位記念の500円硬貨ですが・・・」

「エッ! 何それ? 風神雷神の500円玉じゃないの?」

「オリンピックのは、いつから交換できるんですか?」

「お待ちください・・・」と調べてくれた結果

「まだ決まっていないようです」

「じゃぁ それで良いから2枚交換で」

という訳で、とんだ勘違い。 赤恥をかきつつ、予定外の記念硬貨に交換してきた。

天皇陛下御即位記念500円硬貨

天皇即位記念の500円硬貨は、バイカラー・クラッド貨幣といって、異なる材質の金属を使用した貨幣だそうである。 財務省のHPにある図柄をみると、中心部はシルバーだが周囲は薄い黄色である。

しかし実際には良く見ないと色の違いはわからない。 使い込むと色が変わるのだろうか?

表面 高御座

表面の図柄は「高御座(たかみくら)」。 天皇の玉座で、京都御所の紫宸殿に置かれているそうである。

高御座

拡大すると、細かな彫り物が施されていることがわかる。 しかし新品のはずだが、結構傷がついていることも良くわかる。

高御座

この「高御座」を中心とする内側の円内と、外周から内側の円までの間の色が微妙に違うことがわかる。

裏面 菊花紋章と梓とハマナス

裏面は「菊花紋章と梓とハマナス」だそうである。

菊花紋章

菊の紋章はわかるが、周りを囲む葉は、左が「梓」で右が「ハマナス」なのだろう。 何か意味があるのだろうか?

菊花紋章

天皇即位を記念して1万円金貨が発行されることは知っていた。 しかし価格が14万と高すぎるので即座に諦めた。
したがって500円硬貨も興味はなかったが、おめでたいことなので交換しておいた。

ちなみに風神・雷神のオリンピック記念硬貨は、2020年の7月頃から交換が始まるようである。 いったい何を見て手帳に書きこんだのか?


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください