さらばGoogleマップ GPSログを利用した地図が表示されなくなった! 

GPSログ

GPSロガーをザックに忍ばせ、自転車や街道歩きを楽しんでいる。 そして取得したGPSログを利用して、上の画像のようにGoogleマップ上に軌跡を描いて公開していた。

先日公開済みのある地図を見たら、正しく表示されていないことに気が付いた。 「おかしいな?」と思い、中山道や日光街道を歩いた他のコース地図にアクセスしてみると、何とすべて表示されていないことが判明。

原因はGoogleMap側の仕様変更のようである。 さて、どうしよう・・・

スポンサーリンク

エラーが表示されるGoogleマップ

GPSログで軌跡を描いたGoogleマップにアクセスすると、地図部分がグレーに反転し、「このページはGoogleマップが正しく読み込まれませんでした」といったメッセージが表示される。

GPSログ

表示されたメッセージをキーにネットを検索すると、原因と解決策を説明した記事がたくさんあることを知った。

原因はGoogleマップの仕様変更?

原因は「2018年6月11日以降、Google Maps API を使用する際には API キーの設定が必須になった」ということである。 仕様変更というより、料金体系が変更されたという方が正しいようである。

細かな説明や対処方法は、他のサイトにお任せすることにして、確かにこのようなメッセージが表示される地図が目につくようになってきた。

企業や店舗などの所在地をGoogleマップを利用して示しているサイトは、何らかの対応を迫られる訳で、影響は大きそうである。

フリーソフト「轍 Wadachi」の対応

私は「轍 Wadachi」というフリーソフトを利用している。 これはフリーにも関らず優れもので、Googleマップ上にGPSログからの軌跡描画や、写真のリンクなどが容易にできる。

「轍 Wadachi」の詳細はこちら → 轍 Wadachi ソフトウェア公式サイト

この「轍 Wadachi」のサイトを見ると、Googleマップの今回の変更に対処したバージョンが既にリリースされていた。

そして新しいバージョンではGoogleマップの利用を止め、無料のオープンストリートマップと、国土地理院の地図が採用されていた。

「轍 Wadachi」 新しいバージョンを試してみた

新バージョンの説明を見ると、旧バーションで作成した轍データファイル(.wdf)を再読み込みさせて出力するだけで移行できるという。

早速新バージョンをダウンロードし、とりあえず写真なしのGPSログだけで作成した軌跡を移行してみた。

「おぉ~! 一発で問題なし!」

新しい地図で描かれたGPSの軌跡

という訳で、移行した地図がこれである。

GPSログ

地図上の右上にあるアイコンをクリックすると地図の種類が表示され、航空写真を含めて表示する地図を切り替えられる。

GPSログGPSログ

次に地図を切り替え、どのような地図になるかを見てみよう。

オープンストリートマップ本家

「轍 Wadachi」のデフォルトは”オープンストリートマップ本家”である。

「轍 Wadachi」の出力設定の初期Mapタイプで、最初に表示する地図の種類を指定できる。

GPSログ

オープンストリートマップ日本

地図を縮小(縮尺を大きく)すると県道が赤く表示される。 そのため軌跡を赤線で表示した場合、県道表示に埋もれた感じで、あまり目立たないようである。

もちろん地図を拡大表示(縮尺を小さく)すれば、見やすくなる。

GPSログ

地理院地図(標準)

国道が赤で示されるので、赤で描いた軌跡が国道に見えてしまう。

GPSログ

地理院地図(淡色)

シンプルで見やすく、赤が使われていないので軌跡も目立って良い。

GPSログ

国土地理院なので、地図を拡大すると町名や地図記号なども表示される。

GPSログ

空中写真

空中からの写真だけで、地図上の目印などは表示されない。 拡大もGoogleマップほどではないが、あまり使うことはないと思うので良いだろう。

GPSログ

どの地図が見やすいか?

4種の地図タイプに切り替えられるが、一番見やすいと思われるものはどれだろうか? 個人的には「オープンストリートマップ本家」だと思う。 特に拡大した場合は見やすい気がする。

移行後の地図サンプルはこちら → サンプル地図

しかし地名やランドマークなどの情報が少なく、交差点名など文字も小さい。 また土地の起伏も良く判らないのが残念である。

しかし この「オープンストリートマップ」は「みんなの手」で作り上げていく地図なので、今後時間の経過とともに内容も充実してくるものと思う。



一応今回の変更への対応に目途が付いたので、今後は作成済みの地図を移行する作業をコツコツと実行していくことになる。 「轍 Wadachi」の作者に感謝!である。

それにしても、Googleマップは無料の優れたサービスと思っていたが、突然サービスを停止したり変更されるのは困る。 また元に戻してくれることを期待する・・・


スポンサーリンク

コメント

  1. 「さらばGoogleマップ GPSログを利用した地図が表示されなくなった!」を拝見しました。
    私も花見川CRは良く使っており、同じ様に轍を使って過去の走行記録をWebにアップしています。
    Google Mapには他のマップには備えられていないストリートビューという強力なツールがあるのもその理由です。
    ご指摘の様にGoogle社は支払方法を確定したうえでAPI keyを取得しなければGoogle Mapを活用する轍等のアプリの使用を禁止したので一時はかなり迷いましたが、API key取得後も一定以下のアクセスには課金されないとのことでアクセスカウントを制限の上、轍を利用し続けることにしました。
    もし、ストリートビューが使えなくてご不便を感じているのであればAPI keyを取得してGoogle Mapをお使いになったら如何かなあと思い僭越ながら投稿させて頂きました。 現在の私の走行ログ集は下記ウエブサイトにアップしてありますのでご参考までに。

    • oyaji より:

      背中を押していただき、有難うございます。
      やはりGoogleマップの方が見やすいし、機能も豊富なので捨てがたく思っていました。
      アクセス数に制限を設けられることは知りませんでした。 もっとも私のサイトでは、課金されるほどアクセスが無いですが、念のため制限を付けておこうと思います。
      これからいろいろ調べて挑戦してみたいと思います。
      PS. 走行ログのサイト拝見しました。 ルートなど参考にさせてもらいます。

  2. こんばんは。
    私もアクセスは限度の遥か下で低迷していますのでアクセス数制限を設けなくても問題はありませんが意図的に攻撃を受けた際の防御として設定しました。
    ダッシュボード機能を使えば Maps JavaScript APIの項目で実アクセス数が確認できます。
    また、API Keyの内容は多少の知識があれば分かってしまいますが、リファラー設定で自分のウェブサイトのURLを登録しておけば、他人が使うことが出来ないので安全です。
    以上、挑戦のお役に立てば幸いです。

    • oyaji より:

      こんばんは。
      私は開発エンジニアではないので、Googleのダッシュボードなど初めて知りました。ネット上のAPI取得手順などを見ながらの作業です。
      まだ作業していませんが、ひとつ教えてください。
      「Chiba Wangan Waker」に公開されている9月16日付の「村上緑地の彼岸花祭り・・・」を見ると、GoogleマップとOpenStreetMap、地理院地図に切り替えられるようになっています。
      これは新しいしいバージョンの「轍」でいったん地図を造り、その後でAPIキーを埋め込めばこのようになるのでしょうか? まさに理想的です。

  3. 私のPCでは新しいバージョンの轍が安定しないので、まだバージョン396の古い轍を使っております。
    従ってOSMを読み込むJAVA Scriptは存在していません。
    単純に轍オリジナルのJAVA Scriptの一行をAPI Keyを挿入したものに入れ替えただけです。
    このScriptの変更はwadachi_vxxx.zipを解凍したディレクトリ内の template.html をnotepad.exeの様なテキストエディタで開き、書き換えてセーブすると、以降は自動的に反映されます。 
    私もレガシータイプの元エンジニアなのでJAVAだとかhtmlは苦手な範疇の人間です。
    下記に私のtemplate.html内のMap読み込みJAVA Scriptを添付致します。
    ————————————————————————–

    /**/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です