「大人の休日倶楽部パス」 驚きの0泊4日旅行

秋田新幹線

旅行日 : 2017年6月26日 ~ 28日

JRの「大人の休日倶楽部」会員になっている。 この「大人の休日倶楽部」では、年に何回か乗り放題の切符が売り出される。 JR東日本管内であれば、料金は15,000円で、新幹線を含めて4日間乗り放題という代物である。

今回「秋田駒ヶ岳」へ行くにあたり、この「大人の休日倶楽部パス」を初めて使ってみることにした。 普通に切符を買って行くことと比べ、大幅に安い料金で往復できると喜んだが、旅行中に出会った人の話を聞いて、自分の甘さに気付かされた。

スポンサーリンク

大人の休日倶楽部パス

「大人の休日倶楽部パス」は、JRが指定する期間内で、任意の日付から4日間、新幹線を含めたJR東日本の全エリアが4日間乗り放題となる。 また普通車の座席指定は、6回まで利用できるという、超お得な切符である。

通常の会員特典である、特急券・乗車券の3割引きは良く利用している。 しかし「大人の休日倶楽部パス」は、余り興味はなかった。 いくら安いからと言って、この切符の為に旅行に行くのは、馬鹿げていると思っていたのである。


大人の休日倶楽部パス

往復で約8550円も安くなる

自宅から秋田駒の最寄駅である「田沢湖」まで、新幹線利用の片道料金は16,820円。 「大人の休日倶楽部」利用の3割引きで11,774円である。 これを「大人の休日倶楽部パス」を使うと、15,000円で指定席を含めて往復できる。

「大人の休日倶楽部」の3割引きを使って往復するより、約8,550円も得になると喜んだ。 しかし後に、「大人の休日倶楽部パス」を、とてつもなく活用している人の話を聞いて、驚くことにになった。

驚きの「0泊4日 日帰りの旅」

乳頭温泉の露天風呂で出会った、同じ千葉から来たという男性に話を聞いて驚いた。

「大人の休日倶楽部パス」の有効期間である4日間、毎日「日帰り」で出掛けるそうだ。 昨日は長野、今日は秋田、明日は新潟、最後の4日目には、青森の弘前へ行くという。 切符を買って、この4ヶ所に行くとなれば、10万円近くになるだろうが、僅か15,000円で済む。 あとは体力次第である。

毎回売り出されると、この様に日帰りで4日間出掛けるが、奥さんは「疲れるから」と、一緒に来ないそうである。 しかし「そうか! こういう使い方があるのか・・・」と、目からウロコな感じであった。

見知らぬおばさんに諭される

角館の駅で帰りの新幹線を待っていると、同じような山のスタイルをしたおばさんが、「どこに登ったんですか?」声を掛けてきた。

「これこれしかじか・・・」と、2泊3日の話をすると、更に「残りの1日はどこへ行く?」と聞いてきた。 そこで「どこにも行かない」と返すと、「往復の2回しか使ってないじゃない。 そんなもったいないことをするんじゃない!」と諭されてしまった。

この女性も今日は東京に帰り、明日新潟の方に行くという。 凄いパワーである。

考え方を変えて試してみよう・・・

「年会費の元が取れれば良い」程度にしか考えていなかった、私の甘さに気付いた。 世の中には「徹底的に使いまくる!」とう猛者がいる。 私も考えを変え、もう少し貪欲に使ってみよう。

次回は9月前半と、来年1月の後半なようである。 真冬の只見線に乗り、雪深い世界を眺めてみたいと以前から思っていたが、良い機会かもしれない。


スポンサーリンク

コメント

  1. 相馬 誠 より:

    こんにちは
    私も今年初めて休日倶楽部パス東日本使ってみました
    8/31~9/3まですべて日帰り,おまけに5歳のチビお供で
    以下行程
    1日め 千葉(あずさ・しおさい)東京(はやぶさ)新青森(普通)青森/帰路同
    2日め 千葉(あずさ)小淵沢(ハイレール)佐久平(はくたか)長野(しなの)松本
        (あずさ)新宿(NEX)千葉
    3日め 千葉(しおさい)東京(とき)新潟(しらゆき)上越妙高(はくたか)東京
        (わかしお)蘇我(普通)千葉
    4日め 千葉(しおさい)東京(とき)越後湯沢(普通)土合/帰路同

    目的地で2時間以上滞在したのは青森と土合だけ,他は乗りまくりと駅弁とビールのみ
    かなりハードな旅でしたが充分楽しめました
    普通に買うと9万円以上かかる計算ですから病み付きになります

    • oyaji より:

      相馬さん こんばんわ。 コメント有難うございます。
      5歳のお供を連れての4日間、凄いですね。 「やはりこの様な人がいるんだな~ぁ」と感心しました。
      2日目、3日目の行程は良いですね。 私は山が好きなのですが、もう冬山に入る歳ではありません。 そこでビールをお供に、白銀に輝く八ヶ岳や北アルプスの山並みを眺める旅に行きたいです。 参考にさせて頂きます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です