今年もやって来た エアレース2017 その1

エアレース
朝9時頃、自宅にいると、突然に「プアァァ~~ン!」という轟音が響き渡った! 今年もエアレースが幕張にやって来た。 出かける前に、とりあえずカメラを持ってトライアル初日の様子を見に行ってきた。

スポンサーリンク

軽快さを感じる轟音が降り注ぐ

海岸沿いのマンションならば、自宅ベランダから観戦できるが、我が家は海岸沿いから1ブロック中に入っている。 それでも会場となる幕張の浜までは徒歩5分。 このエアレースと、千葉市の花火大会だけは地の利がある。

「プアァァ~~ン !」

「プアァァ~~ン !」

「プアァァ~~ン !」

車のF1ほど甲高くはないが、心地よい排気音を轟かせて舞っている。

エアレースエアレース

海上のエアゲートはまだ設置されず、パイロンが一本だけ立っていた。 したがって、今日の飛行は、適当に上昇や急降下・回転などを繰り返し、どうも機体の調子などを確かめている様であった。

ただ見の規制は強まったようだ

準備が始まったばかりで、海岸通りの歩道沿いの幕は、まだ降ろされていない。 明日の本格的な練習時には、恐らく幕が降ろされて見ることはできないだろう。
ちなみに反対側車線の歩道に行けば、楽しむことが出来る。

エアレース

昨年はフェンスと幕の間から写真を撮ることが出来た。 しかし今年の幕を見ると、昨年より丈が長くなっている。 まぁ「ただ見は許さない・・・」ということだろう。

エアレース

準備の真っ最中

入場ゲートや飲食エリアなども、まだ準備の真っ最中。 スポンサーのレッドブルのテントだけは早いようだ。

エアレース

小さな飛行機が車で牽引されてきた。 エアレースで飛ぶ飛行機も小さいが、空を飛ぶにはちょっと恐ろしい小ささである。

エアレース

土曜か日曜には、ゼロ戦が空を飛び、自衛隊の「アパッチ ロングボウ」もやってくるという。 時間を調べようと、エアレースの公式HPを見ると、ゼロ戦などは高度を下げて飛行する為、観覧エリア外からは見ることが出来ないそうだ。

高額なチケットを買って入場する気は起きないし、騒音で迷惑を受ける地元へのサービスぐらい、少しは考えても良いのでは・・・


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です