京都 相国寺の伊藤若冲展と養源院の血天井

相国寺法堂
最初の予定では、日帰りで大阪の東洋陶磁美術館、藤田美術館を巡る予定であった。 しかし京都の相国寺にある承天閣美術館で、伊藤若冲展を開催していることを知った。 それも月曜なのに開館している。

昨年東京都美術館で開催された若冲展は、気も狂わんばかりの長蛇の列ができたので諦めた。 そこで今回は大阪で一泊し、翌月曜に京都観光も兼ねて相国寺に行くことにした。

スポンサーリンク

相国寺

京都五山の第2位に列する古刹で、14世紀末に足利義満により創建されたという。 足利義満といえば金閣寺である。 この金閣寺や、義政が創建した銀閣寺も、この相国寺の塔頭(たっちゅう)、判り易く言えば脇寺だそうだ。 これは知らなかったが、凄いお寺のようである。

これは正面入り口ではない。 総門から入ればよいのだが、脇にある門から入ってしまった。

相国寺

瑞春院 水上勉の小説「雁の寺」

相国寺に入ると、すぐ左に瑞春院があった。 水上勉の直木賞受賞作「雁の寺」の舞台で、水上勉が雛僧時代を過ごした禅寺と説明されていた。

雁の寺

相国寺法堂

天井に描かれた蟠龍図は”鳴き龍”として知られる。 春の特別拝観は3月24日からなので、残念ながら見ることはできなかった。

相国寺法堂

相国寺庫裏

庫裏の屋根には、気抜きのような小屋根が乗っている。

相国寺

承天閣美術館での伊藤若冲展

相国寺の敷地内にあり、相国寺だけでなく、金閣寺や銀閣寺に伝わる美術品も併せて展示している。

相国寺と若冲の関係は深く、生前に墓地を作るなどの契約を結んでいたようだ。

承天閣美術館

展示されていたのは、本邦初公開の「鸚鵡牡丹図」や、鹿苑寺の障壁画50面など。

東京都美術館で公開された「動植綵絵」のような派手さはないが、「鸚鵡牡丹図」も裏彩色されているとのことで、ゆっくり・じっくりと見ることが出来た。

相国寺の全景図を見ると、墓地には伊藤若冲だけでなく、足利義政や藤原定家の墓もあるようだ。 凄い歴史を感じさせる寺である。

京都御所・蛤御門の弾痕

京都御所が近かったので、禁門の変で有名な蛤御門を見に行く。 幕末の京都で、長州と幕府軍が激しく闘った場所である。

この闘いで敗れた長州藩は、朝敵として京を追われるが、逃げ落ちる時に藩邸に火を放って逃げた。 この火は瞬く間に広がり、本能寺や東本願寺を含めた、27,000世帯ほどに燃え広がったそうだ。

蛤御門

蛤御門には、禁門の変で撃ち込まれた弾痕が残るという。 梁の辺りらしいが、良く見ても判らなかった。 しかし柱などには、弾痕らしき窪みがいくつもあり、私のような馬鹿が指を突っ込むせいか、磨かれたようになっていた。

蛤御門弾痕?

養源院の生々しい血天井に身震いする

帰りの新幹線まで時間があったので、養源院という寺を訪れた。 有名な三十三間堂の隣で、鴬張りの廊下や血天井がある。 団体や観光客も少ない、穴場的な観光スポットだが、見応え十分なお寺であった。

養源院入口には”血天井”と書かれた、まがまがしさを感じる看板が立つ。

養源院

養源院は豊臣秀吉の側室であった淀君により創建され、落雷で焼失。 その後2代将軍・徳川秀忠の正室となったお江(淀君の妹)により再建された。 現在の本堂は、このお江により再建されたものである。

養源院

見学者がある程度の人数になると、お寺の大黒らしき女性(おばちゃん)に引き連れられて、説明を受けながら見学を行う。 単に”血天井”という言葉に吸い寄せられ、殆ど予備知識もなかったので、良く理解できたので良かった。 写真は撮れないので説明だけだが、「血天井」で画像検索すれば見つかると思う。

血天井以外にも、見るべきポイントはたくさんあった。

江戸の有名絵師・俵屋宗達の絵

杉戸や襖に、有名な俵谷宗達の絵が残る。 特に杉戸に描かれた象の絵は、教科書か何かで見たような気がする。

「菊」「葵」「桐」の紋

養源院は徳川家の菩提寺となり、2代将軍秀忠から14代将軍家茂までの位牌が安置されているそうだ。 秀忠とお江の位牌には、「菊」「葵」「桐」の3つの紋があるというが、残念ながら良く判らなかった。

左甚五郎作の鴬張りの廊下

日光東照宮の眠り猫で有名な「左甚五郎」が作ったという鴬張りである。 確かに歩くと”キュッ キュッ”と鳴いていた。

血染めの手形・足跡が残る血天井

鴬張りの廊下から天井を見上げると、海老茶色のような色で不規則に彩られていた。 血の跡である。

説明によると、関ヶ原の戦いの前哨戦といわれる伏見城の戦いで、伏見城を守っていた鳥居元忠以下380名の武将が自刃。 遺骸は関ヶ原の戦いが終わるまでの約2ヶ月間、伏見城に放置されていたそうだ。 この時のおびただしい血痕や脂により、顔や鎧の跡が床板に染み付き、その霊を弔うため天井版としてこの板を利用したと云う。

説明のおばちゃんが棒で天井を指しながら、「ここに顔、ここに肘、片足はあぐらをかいて曲がっている・・・」との説明を聞きながら目を凝らすと、自害し臥せった鳥居元忠の姿が浮かんでくる。 またはっきりと判る手形や足跡も見られ、壮絶というか凄惨な一場面を感じさせる場所であった。

こうして駆け足であったが、大阪・京都の美術館めぐりの旅は終わった。 今回は台北・故宮博物院の青磁の水仙盆や、国宝の曜変天目茶碗、伊藤若冲の絵など、なかなか充実した作品を見ることができ、大変良い目の保養となった。

しかし最後に「血天井」といった、美しさと正反対で、とんでもなく生々しく、不気味であるが歴史のもの悲しさを語るものを見てしまった。 意図したわけではないが、このギャップは何か大きい・・・


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です