お刺身三昧 安房小湊でのバドミントン合宿

刺身舟盛り

2017年3月9日~10日

週に一度であるが、バドミントンのサークルに加わって汗を流している。 このサークルで「地獄の特訓」と銘打って、1泊2日の強化合宿が行われた。

合宿場所は、千葉県立「内浦山県民の森」。 強化合宿といっても、メンバーの平均年齢は70歳に近い。 バドミントンというより「羽根つき」、そして夜の宴会に重きを置いた、「宴会合宿」と呼ぶにふさわしい合宿であった。

スポンサーリンク

合宿に出発

自宅を出る際、「本当に練習するの?」と疑いの目を持つ妻に見送られ、一応バドミントンの用具を担いで出発である。

安房小湊へ

最寄駅の海浜幕張から、外房線の特急わかしおに乗って、「安房小湊」を目指す。

E257系 特急わかしお

約1時間40分の列車の旅で、外房に位置する「安房小湊」に到着。

安房小湊駅

内浦山県民の森

合宿は、体育館および宿泊施設を持つ、「内浦山県民の森」。 安房小湊の駅から、4キロほど離れた山の中である。

内浦山県民の森

体育館で特訓が始まる!

宿で昼食の後、早速体育館に移動して特訓の開始である。

内浦山体育館

広い体育館の半館。 コート3面を借りたが、他は誰もいないので貸切状態。

内浦山体育館

南房総なので暖かいかと思ったが大間違い。 ガランとした体育館は冷え切っていて、汗をかくことも余りない。

練習風景

お刺身三昧の大宴会

早々に練習を切り上げ、風呂で汗を流した後は、いよいよ夕食である。 「早春の南房総宿泊プラン」という、季節限定の特別料理プランに申し込んだが、せっかくの房総である。 刺身舟盛りを追加で申込み、美味い料理に期待は高まる一方であった。

余りのボリュームに嬉しい悲鳴を上げる!

11名での合宿予定だったので、5~7名用の舟盛りと、5名用の刺身盛合せを追加予約しておいた。 そして食事の席に着くと、いよいよ舟盛りとのご対面である。

「うぉ~ぉ! 凄ぇ~!」

舟盛りの余りの刺身の量の多さに、驚きと、嬉しい悲鳴が上がる。

更にもう一皿、大皿に盛られた刺身の塊が運ばれてくる。

「食いきれるか???」

量の多さに対する嬉しさは、一抹の不安へと変わったのである。

お刺身三昧刺身舟盛り刺身舟盛り

刺身だけではない海鮮づくし

刺身に目が行ってしまったが、目の前に並ぶ料理を見ると、これまた凄い・・・。

金目鯛の竜田揚げ

サザエの漁火焼き

クジラの生姜焼き

サンガ焼き

旬野菜の鍋

菜の花のおひたし

金目とさんが焼き

「よぉ~し! 食ってやろうか・・・」

残すのは悔しいと、残った刺身を掻き集めて海鮮丼を作る。 あまりの美味さに、ご飯をお代わりしてしまった! さすがに腹がはち切れんばかりで苦しい・・・

その後部屋に戻って2次会。 満腹の腹にアルコールは別腹と酒は進み、房総の夜は更けるのであった。

ダメ押しのお刺身で合宿打ち上げ

翌日、まじめに9時から練習を再開。 12時には練習を終え、海辺の海鮮料理屋に向かい、合宿の打ち上げが開かれた。

再び刺身 やはり美味かった!

前日の夜にゲップがでるほど刺身を食べたのに、打ち上げは再度の刺身定食である。 見るのも嫌だと思っていたが、一目見るなり「美味しそう!」。

まずは「なめろう」。 房総の名物漁師料理である。 「美味すぎる・・・」の一言。 昼からビールが旨い!

なめろう

続いて刺身の盛り合わせ。 まったく文句なし。

お刺身

こうしてバドミントンは2の次の、「春の宴会合宿」は終了した。 このような合宿であれば何回やっても良いが、決してバドミントンが上達することはなさそうである。

それよりバドミントンを少々楽しみながら、それ以上に美味い物を食べ、飲んだくれる。 要するに暴飲暴食して、ぽっくり逝くことを目指した方が良さそうである。

帰りの列車の中で、前日夜の2次会で余った日本酒を開けて酒盛りの開始。 陽の明るいうちから、日本酒の臭い匂いを周りに撒きちらし、人迷惑をかけながらの帰宅である。 これだから老人は、若者たちに嫌われるのである。 反省! あまりしていないけど・・・


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です