成宗電気軌道跡 成田の廃線跡を歩く

成宗電気軌道跡

2017年2月24日

成田山新勝寺での「大人の修行体験」参加の為、成田を訪れた。 朝8時頃に京成成田駅に着き、集合まで時間の余裕があったので、「成宗電気鉄道跡」を歩いて新勝寺へ向かった。 天気予報では雨だったが、幸運にも雨はあがっていた。

この「成宗電気鉄道跡」は、今年の正月に、NHKの「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」のコラボ番組でも紹介されていた。 もちろん訪れたのはタモリである。

【成宗電気軌道】

成宗電気軌道とは、宗吾霊堂と成田山新勝寺の参拝客輸送を目的として、明治44(1911)年に開業。 全線5.3kmの鉄道である。

当初は参道に軌道を敷設予定だったが、「参拝客が参道を素通りしてしまう」と猛反対を受け、参道東側に迂回ルートが開かれた。 しかし戦時中に資材不足が深刻化し、昭和19年(1944)、不要不急線として全線廃止されて、鉄を供出させられた。

スポンサーリンク

築堤上の電車道

京成成田駅前を右に進み、京成電車の線路沿いに歩く。 やがて左前方に、急斜面を持った土手が見えてくる。 軌道跡の大築堤である。

成宗電気軌道跡

築堤上の軌道跡は市道となり、中学生や高校生の通学路となっていた。 春には桜並木になるようである。

成宗電気軌道跡

この軌道跡の道は、「電車道」という愛称で呼ばれている。

成宗電気軌道跡

第2トンネル

やがて前方にトンネルが見えてくる。 第2トンネルである。 入口上部は、コンクリートか何かで補修されているのが残念である。

成宗電気軌道跡

トンネル内部もレンガ積みが残されているが、少し痛み始めているのだろうか?

成宗電気軌道跡

新勝寺側の出口には、「土木遺産」認定の看板があり、詳しい解説もある。

成宗電気軌道跡

第2トンネルの新勝寺側出口を見る。 凝った造りと、駅側の入口に比べ、傷みも少なく綺麗に残されている。

成宗電気軌道跡

切通しの土手上から見下ろす。 この軌道は、京成成田駅を出た所は谷に築堤を築いて渡り、その先は山を掘削して、切通しを拓いている。

成宗電気軌道跡

第一トンネル

トンネルというより、跨線橋のような短い第1トンネル。 駅側の入口は、ひび割れが生じたのか、金具の補強が痛々しい。

成宗電気軌道跡

駅側入口に、「成宗電車のトンネル」と書かれた標柱が立つ、

成宗電気軌道跡

第1トンネル新勝寺側入口。 第2トンネルと同じように、新勝寺側の入口は凝った造りとなっている。

成宗電気軌道跡

成宗電気鉄道は、複線の軌道として建設された。 そのお蔭で車道も二車線が確保され、トンネルも拡幅改修を受けることなく、ほぼ鉄道時代の姿を留めている。

成宗電気軌道跡

宗吾霊堂と成田山新勝寺の間だけという、現在では考えられないような区間に、なぜ鉄道を敷いたのか? 採算の取れそうにない路線だが、当時は黒字だったそうである。

現在はパワースポットブームなどで寺社を巡る人も多いが、昔はレジャーといえば、お伊勢参りに代表される、寺社への参拝が最大の娯楽であった。 この点を考えると、「こんな所に?」と思える場所への鉄道建設も納得するのであった。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です