成田山新勝寺 1日修行体験で写経と般若心経

成田山新勝寺

2017年2月24日

成田山新勝寺。 正月の混雑を避け、周回遅れの初詣などで何度か訪れたことはある。

そして今回は、何をトチ狂ったか、「1日修行体験」への参加である。 今までの人生での罪を贖い、煩悩から脱却した穏やかな老後を過ごそうと、出家できるか否かを試してみる良い機会である。 まぁこれは後付けの理由で、要は単なる興味本位である。

スポンサーリンク

お坊さんたちの朝は早い!

某地域新聞主催の、「大人の修行体験」というツアーへ、妻と二人で参加した。 ツアーといっても、8時半の現地集合。 現地とはもちろん成田山新勝寺である。 「8時半???  成田へ???  早すぎる・・・」 それも天気予報によると、雨で風も強い荒れ模様である。

6時半に自宅を出発。 京成電車を利用し、8時には京成成田の駅に降り立つことができた。 少し早いので、写真を撮りながら集合場所へと進む。

成田山新勝寺 総門

京成の駅から、10分ほど歩くと総門である。 朝早いので、観光客はまだいない。

成田山総門

仁王門

天保2年(1831)に再建されたもので、国の重要文化財。
広目天や多聞天が安置され、境内入口でで伽藍の守護を担っているそうだ。

成田山仁王門

仁王様の健脚にあやかりたいと、たくさんの「わらじ」がぶら下がる。

成田山仁王門

三重塔

正徳2年(1712)建立というが、近年修復されたのか、極彩色に彩られている。

成田山三重塔

大本堂

節分の時、相撲の横綱や芸能人による豆まきの様子がニュースで流れる。 この大本堂の前で行っているのだろう。

成田山大本堂

大人の修行体験へ

大本堂地下の広い講堂のような所がツアー受付であった。 参加者は20名程度であり、予想はしていたが大半は女性。 男性は私を含めて3名だった。
新勝寺のお坊さんから、1日の予定などの説明を受け、早速の修行開始である。

修行体験

御護摩祈祷

最初の修行は、本堂での護摩祈祷への参加である。 無料で誰でも参加できる一般席と異なり、今回は特別席。 御護摩のすぐ横で、祈祷するお坊さんの一挙手一投足を間近で見ることができた。

また自分の大切なものをお坊さんに預け、御護摩の火に当ててもらう「御火加持(おひかじ)」という所作もある。 これは御護摩の火にあてて、お不動様のご利益を得るそうで、もちろん私は財布の入ったバッグを預けた。 ご利益に期待・・・

護摩祈祷が終わると、「お手綱参拝」である。 お不動様の左手に結ばれた五色の綱を手に持つことで、お不動様と一体となり、ご利益を授かる参拝である。 ご本尊前の手摺りのような棒に、綱がぐるぐる巻きになっている。 7~8mほどであろうか、この手摺り触れながら歩く。 歩きながらお不動様を見ようと祭壇を覗いたが、暗くて良く判らなかった。

本堂内は写真撮影禁止なので、残念ながら写真はない。

腕輪念珠作成

護摩祈祷から戻ると、次は手首などに巻く「腕輪念珠」の作成である。 要は大きなビーズ細工である。 しかし出来上がった念珠を見ると、色取りは悪いし、各色の珠の数も違う。 あまりありがたみの無い念珠が出来上がった。 失格である・・・

手作り念珠

読経練習と写経

「般若心経」を唱える練習が行われる。 意味は全く不明だが、平仮名の振られたお経を見ながら、お坊さんと一緒に唱える。

そしていよいよ写経である。 薄墨で下書きが書かれている。 「なぞればいいだけじゃん!」と思ったが、大きな間違いであった。

写経体験

習字の筆など、結婚式か葬儀に参列する時に持つぐらいである。 そんな私が、一生懸命下書きをなぞっていたが、半分を過ぎた頃から、「プ、プッ・・・ プッツン!」と集中力が途切れがちになる。 更に早くも書き終えて提出する人の姿を見て焦りが生じる。

何とか時間内に間に合わせたが、基本的な筆遣い(跳ね、とめ、払い)も出来ていない為、仕上がりは惨憺たる酷さであった。

精進料理を頂く

写経を終え、疲れた体にパワーを与える食事の時間である。 もちろんお寺だから精進料理である。

お弁当の蓋を開けると、腐ったパイナップルのようなものが入っている。 これは巨大な「ゴボウ」である。 以前から一度食べてみたいと思っていた、成田山でしか食べられない「大浦ゴボウ」。 思っていた以上に柔らかく、味付けは甘い。

成田山精進料理

大浦ゴボウ

「大浦ゴボウ」は、成田山に奉納されるだけで、基本的に市中に出回ることはないそうだ。 ゴボウといえば、細くて真っ直ぐなイメージだが、食堂に飾られていた大浦ゴボウは、筋骨たくましい仁王様の足のようであった。

大浦ごぼう

座禅と般若心経

昼食の後は、より一層の修行に励むこととなる。 弘法大師が祀られている大師堂で、座禅と、午前中に練習した般若心経を唱える。

体の固い私には、座禅は苦行以外の何物でもない。 ちょっと無理して座禅を組みながら般若心経を唱える。 「色即是空~ぅ、空即是色~ぃ ぎゃーてぇーぎゃーてぇー はらぎゃーてぇー!」。 や・やばぃ・・・ 足がつる!!!

何とか乗り切った後は、大師堂の雑巾掛け。 勤労奉仕も修行のうちか・・・

諸堂巡拝

一番体にきつい座禅を終え、最後は境内に立つお堂の巡拝である。 お坊さんからの説明を聞きながら、気楽に古いお堂の見学を続けたが、最後に一発! ダメ押しの座禅が待っていた。

釈迦堂

安政5年(1831)建立の一代前の本堂で、総欅作りだそうだ。

成田山釈迦堂

お堂の周囲には五百羅漢や二十四考の彫刻が彫られている。

釈迦堂五百羅漢

額 堂

文久元年(1861)建立で、奉納された額や絵馬が掲げられている。

成田山額堂

光明堂

元禄14年(1701)建立。 現存する一番古い本堂だそうだ。 縁結び祈願所となっており、私のような年寄りには縁結びは関係ない。

成田山光明堂

平和大塔と再度の般若心経

気楽に諸堂巡拝を続け、最後に「平和大塔」という、近年建てられたお堂に来た。 新しいお堂でもあり、あまり興味もなく見て回ったが、祀られていたお不動様の前で、再度座禅を組みながらの般若心経を唱えさせられた。

「ひぇ~っ! 神様 仏様 キリスト様。 あっ 足がぁ! つりまする~ぅ!」

かくして厳しい修行の一日を終えた。 心を込めて写経し、一心不乱に般若心経を唱えた。 そして冷静に今日一日の自分を見つめ直してみた。 「朝早いのは苦手だ、そして写経の字は余りに酷すぎる。 更に精進料理は量が少なすぎる・・・」。
「自分にはお坊さんは無理である!」ということが判っただけでも、本日の収穫であろう。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です