サイクルモード2016へ行ってきた

サイクルモード2016

2016年11月4日から6日まで、千葉の幕張メッセで、日本最大級の自転車フェスティバルである「サイクルモード2016」が開催された。

自宅から幕張メッセまで、徒歩で約10分という近さである。 特に目的がある訳ではないが、せっかくなので出掛けてみた。

スポンサーリンク

会場へ

幕張メッセ入口。 クリスマスイルミネーションが飾ってあるが、これだけでは寂しい。
しかし、わざわざ夜にここまで見物に来る人はいないと思う。

サイクルモード2016

自転車試乗を希望する人は、入場前に「誓約書」に記入。 対人、対物を含め、一切の事故は自己責任であることに同意して、試乗パス発行所に持っていくと、リストバンドがパスとして渡される。

サイクルモード2016
サイクルモード2016

チケット購入後、いよいよ会場へ入場。 土曜の2時頃だが、なんか人が少ない。

サイクルモード2016

入場して会場を見下ろす。

サイクルモード2016

見ると欲しくなる

最新の完成車がいろいろ展示されている。 スポットライトを浴びて光り輝いているので、みな格好良く見える。

DE ROSA ネオプリマート

トマジーニを購入した時、対抗馬として検討したネオプリマート。 やはり美しい。

サイクルモード2016

自分にとって非現実的な自転車

ピナレロの超軽量バイク。 フレームキットで162万。 今年のツール・ド・フランスで、落車して自分で走って話題を呼んだクリス・フルームが、山岳ステージで使用したと説明書きがあった。

サイクルモード2016

ピンクのトマジーニ

私が乗っているトマジーニも、小さなブースで参加していた。 何とピンクのフレームで、ランドナー仕様のシンテシーも展示されていた。 聞くとフレームの発注段階であれば、いろいろ改造できるとのこと。

サイクルモード2016

パーツ編

完成車だけでなく、パーツやウェア、小物類まで、さまざまなグッズが展示されている。

ホイール

カーボンの軽いホイールに変えたいのだが、銀輪をキラキラさせて走りたいので、残念ながら今のところ諦めている。

サイクルモード2016

コンポーネント

今年新たに発表されたPotenza(左) 右は5本アームのVeloce。
4本アームのシルバーも悪くはないが、やはりクロモリのロードには、5本アームのクラシカルな雰囲気が良く似合う。 今回Athenaは出品されていなかった。

サイクルモード2016

会場風景

何年か前にも来たことがあるが、今年は全体的に人が少ないような気がした。 また旅行関係のブースが増えていた。

サイクルモード2016

アニメの「南鎌倉高校 女子自転車部」のブースも出展。

サイクルモード2016

自転車試乗風景

会場内にコースが設けられ、試乗の順番を待つ人の列ができている。

サイクルモード2016

多くの人が試乗を楽しんでいる。

サイクルモード2016

子供達が自転車で遊べるコーナーも用意されている。

サイクルモード2016


あまり時間がなかったので、小物類をゆっくり見る時間がなかったのは残念。 全体的には、以前に来た時より入場者も出展社数も減ったような気がするが、明日の日曜は大入りになることだろう。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です