大人のおもちゃ VAIO S13がやって来た

VAIO S13
自宅のPCはVAIOを使っている。 しかし接触不良なのか、キーボードの一部が反応しなくなった。 特に上下左右の矢印キーが死んだのは辛い。 Excelはもちろん、日本語入力での間違い修正など、この上なく不便である。 そこでやむなく、3代目VAIOを発注。 本日届いたので、早速セットアップを行ってみた。

スポンサーリンク

VAIO S13

写真の色が変であるが、黒い箱に「VAIO」とだけ印刷された、シンプルな箱に収まっていた。

VAIO S13
VAIO S13


同梱されていたのは、本体と電源ケーブル、保証書と簡単な取説、MS Officeのプロダクトキーなどの書類が少々。
VAIO S13

別途メールで、セットアップ方法を説明したサイトのアドレスが送られてきた。 このサイトを見ると、Youtubeで下記のような項目が説明されている。

・VAIO開梱・設置
・VAIO初期設定
・インターネットの設定
・メールの設定
・ウィルス対策ソフトの設定
・Microsoft Officeの設定
・マウスの設定
・プリンターの設定
・その他リンク

「コスト削減もここまで来たか!」と思うぐらい、同梱品はあっさりしている。 別途ネットに繋がる環境を持たない初心者は、セットアップに不安を感じることだろう。 しかしやってみると、実に簡単である。

ネット上のソニーストアでカスタマイズモデルを購入。 CPUはIntel Core i7-6500U(2.50GHz) 8GBメモリー、ストレージはPCIeインターフェースのハイスピードSSD 256GBで、重量は1.06Kg。

VAIO S13


VAIO S13を選択した理由は、有線LANとRGB出力端子を持っているからである。 仕事の関係で、プロジェクターを使うことが多い。 RGB出力端子の代わりに、HDMIからRGBへの変換ケーブルを買っても良いが、恐らく必ず忘れたり紛失する可能性がある。 そのためVAIO.Zは検討から外れてしまった。

VAIO S13

今日はOSのセットアップとセキュリティ 及び Office関連ソフトのインストール、ディスクのパーティションを追加してDドライブ作成で終りにした。 この段階で、電源Onからデスクトップ表示まで、約11秒であった。

今まで使っていたソフトのインストールや、データの移行など、まだやらなければいけない作業は残っている。 何本かのソフト、特にフリーソフトなどは、Windows10の下で動作が不安定になる可能性もある。 環境が整うまで、キーボードが不調の現行VAIOを使い続けなければいけない。 早く何とかしよう!!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です