山下門

大手門
山下門は、現在の銀座の中心地に近い場所にあった。 しかし幸橋門と同様に、遺構はもちろん、地名や交差点の名としても残っていないので、知る人は少ない。

したがって江戸城に興味のない人は、こんな所に江戸城の門があったとは想像も出来ないであろう。 しかし幸橋門と山下門の間では、面白いものを見ることができる。

スポンサーリンク

外堀の底か? Part-1 JR高架下の怪しげな通路

幸橋門跡から有楽町方向に歩き、東京電力本社前の新幸橋交差点を右折してJRの高架をくぐると、高架下に怪しげな通路がある。

JR高架下の怪しげな通路

JR高架下に有楽町方向に延びる、道路から一段低い場所に通路が走る。 この凹みが「埋め立てた外堀の底だった」という説がある。

JR高架下の怪しげな通路

有楽町側から眺める

有楽町側通路入口から、新橋方向を眺める。 通路はやはり道路より一段下がっている。 入口には「新橋方面近道」と書かれているが、何となく薄暗く、利用する人は少ないようだ。

JR高架下の怪しげな通路

銀座という場所柄か?

通路を進むと、”寂れた商店街”というより、怪しげな雰囲気が漂う場所である。
華やかな銀座の表の顔から、裏の顔を見るような錯覚に陥る。

JR高架下の怪しげな通路

外堀の底か? Part-2 JR高架と首都高速間の通路

JRの高架と首都高速の間、つまりコリドー街の裏手には、車1台が通れるほどの路地がある。 この路地も「外堀の底」であったことを顕著に示している。

高架横の通路

JRの高架と首都高速間にある通路。 やはり道路から一段低い。 それも結構急な坂で下り、底地は平坦である。

お堀の底だった?

思わず納得の地形

通路に降りて道路側を見る。 道路上の通行人や車の位置を見ると、2m以上下がっているように見える。 「外堀の底だった」と言われると、「なるほど!」と納得してしまう地形である。

お堀の底だった?

山下門跡

新幸橋の石柱を見てコリドー街沿いに有楽町方向に向かう。 距離にして300mほど進み、T字路を左に曲がったJRの高架下が山下門跡である。

山下門の跡

銀座側から日比谷の帝国ホテルに抜ける道の、JR高架下辺りに山下門があった。 (写真は帝国ホテル側から撮ったもの)
昔は山王社(日枝神社)の下にあったものを、この地に移した為、山下門という名が付いたという説がある。

山下門跡

山下橋の名が残る

山下門は明治6年(1873)に撤去され、現在は全く面影を見ることは出来ない。 かろうじてJR架道橋に「山下橋」の名が残るのみである。

山下の地名が残る

江戸切絵図で見る

山下門は、江戸城の城門の中で最も小さかった。 枡形内で曲がることなく、直進して城内に入れたそうだ。 切絵図をよく見ると、枡形の入口と出口が一直線になっている。

江戸切絵図

幸橋門と山下門の間にあるJR高架下通路などは、外堀の底だったという面白さを持っている。 しかしそれ以上に面白いのは、華やかな銀座と日比谷の狭間に、取り残されたように広がる異空間の存在である。 是非一度足を踏み入れてみることをお勧めする。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です