エアレースを見るならトライアルの方が面白い

2016年6月4日、空のF1といわれるエアレースが、昨年に続き千葉の幕張で開催された。

Facebookには当日アップしたが、どうもこのブログの更新は忘れてしまう。 今更この話題ではないと思うが、書き忘れていたので遅まきながら・・・

幕張のエアレース

我が家はエアレース会場まで、歩いて5分である。 残念ながら、海岸沿いから1ブロック入っているので、自宅に居ながら観戦することはできない。

予選の前日に街中を爆音が響き渡り、トライアルが始まった。 さっそくカメラを持って海岸にでてみると、会場設営の真っ最中であった。

幕張のエアレース

幕張のエアレース

海岸通りには早くも大勢の見物人が・・・ だが待てよ? 昨年は歩道から良く見えたのに、今年はタダ見を防ぐためか、ネットが張られている。

しかしご覧のとおり、下から潜って見ている。 レース当日、係員が”立ち止まらないでくださ~ぃ!”と大声を張り上げるが、ここは無料の観覧席となる。 道路反対側の歩道も良く見える場所である。

幕張のエアレース
トライアル飛行では、1機がトライアルの最中に、次の飛行機が稲毛海岸のあたりで待機している。 したがってあまり間をおかずに、次から次へとやってくる。 また本番のレースより、パイロンすれすれを果敢に攻めて飛んでいるような気がする。

幕張のエアレース

会場の雰囲気を楽しむなら、レース当日の方が賑やかでよい。 しかしトライアルに比べ、飛行間隔は間が空く。 また無料観覧席は混雑して、写真を撮るポジションの確保は難しい。 レース前日のトライアル観戦はねらい目なのである。

(注)正式には無料観覧席はない

幕張のエアレース

エアレースそのものは、1度見れば良いかもしれない。 曲芸飛行のような飛行技術は凄いの一言である。 しかしタイムトライアルなので1機しか飛ばず、F1などと比べ競る訳ではなく、手に汗握る白熱したレースとは思えないのである。
テレビで見る方がアップで映され、様々な角度から見せてくれるので面白いが、夏の花火と同じで、爆音だけは現地で聞く方が迫力ある。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です