季節外れのふぐ料理

5月25日から4泊5日で大阪・奈良へ行ってきた。 タコ焼きやお好み焼きなども食べてきたが、せっかくの大阪なので「うどんすき」か「ふぐ」を食べたくなった。 うどんすきの「美々卯」も良いが、ホテルに比較的近いフグの「太政」に足を運ぶ。

【太政 千日前本店】
季節外れのせいか、土曜の夜だというのにガラガラだった。

フグ専門店 太政

【「てっさ」と「てっぴ」】
非常に寂しくボリューム感のない「てっさ」を、妻と二人でつまむ。
「てっぴ」はコラーゲンたっぷりなので、妻は喜んで食べていた。

「てっさ」と「てっぴ」

【ふぐの唐揚げ】
安いフグ料理の店だと骨ばかりだが、この店はたっぷりと身がついていた。

ふぐ唐揚げ

【ふぐのひれ酒】
最初にグラスの蓋をとり、マッチで火をつけてアルコールを飛ばす。
超熱燗の日本酒に、焦げたひれの香ばしさがが鼻孔をくすぐる!

ふぐひれ酒

【てっちり】
鍋に入れると何だかわからなくなるので、投入前にパチリ!

てっちり

【雑 炊】
最後は何と言ってもコレ! 死ぬほど食いてえ~!

雑炊

私には、「ひれ酒」一番、「雑炊」二番、三四がなくて「ひれ酒・雑炊」。

要するに、ただの「酒飲み」・・・ということか!


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です