牛込門

大手門
小石川門跡を出て、JR中央・総武線の飯田橋駅にある牛込見附に向かう。 途中 小石川後楽園へ寄り道する。 小石川後楽園は徳川御三家の一つで、あの黄門様で有名な水戸徳川家の上屋敷跡である。

浅草橋門から筋違橋門、小石川門と、神田川沿いに歩いてきたが、ここまで遺構らしきものは何もなかった。 しかし今回の目的である牛込門まで来ると、立派な石垣が現れる。 以前からこの石垣をよく目にしたが、改めて眺めるとその大きさに驚かされる。

スポンサーリンク

小石川門跡から飯田橋への外堀土塁に沿って歩く

外堀の土塁

小石川門跡から中央・総武線北側の道を飯田橋方向に歩く。 左に外堀土塁の石垣が続き、その上を電車が走っている。

総武線が走る土塁

西洋式と日本式の混合石垣

中央・総武線線の土塁沿いに飯田橋駅近くまで来ると、NHKの「ブラタモリ」で紹介された石垣が現れる。

石を平らに加工して積み上げる「布積み(ぬのづみ」と呼ばれる西洋式工法で築いていたが、日本式の谷積みの方が簡単で頑丈なので、途中から工法を変えたそうだ。

飯田橋の外堀土塁

小石川後楽園へ寄り道

外堀通りを渡り、飯田橋ハローワークの横を入って行くと小石川後楽園である。

ここは水戸徳川家の上屋敷跡で、昔は東京ドームのあたりも敷地であったようである。 庭園が有名で、都心でも秋には綺麗な紅葉を楽しむことができる。

築地塀

外堀通りに沿ったビルの裏手は、小石川後楽園の白い築地塀と多くの樹木が植えられ、静かな雰囲気が漂っている。

この築地塀の土台の石垣は、東京駅近くの鍛冶橋で発掘された外堀の石垣を再利用したそうだ。 この写真撮影時はそれを知らず、石に刻まれた外堀工事担当大名家の印などには気付かなかった。

小石川後楽園

水戸家の裏家紋

築地塀の屋根瓦にある紋を見て、葵の紋でないことに気付いた。 何の紋かと思い帰宅後調べたら、裏家紋の「六葉葵」という紋だそうだ。 裏家紋など初めて知った。

水戸家の裏家紋

小石川後楽園入口

冬に訪れたので木々の葉は落ちているが、春から秋にかけては緑豊かな庭園である。

小石川後楽園

秋の小石川後楽園

この写真は2010年12月に訪れた時の写真である。 12月でも紅葉が楽しめる。

小石川後楽園

飯田濠跡

外堀の一環をなしていた神田川は、飯田橋で二手に別れる。 一つは北(右)に曲がり、その先の大曲付近から西に向きを変え、江戸川橋から高田馬場に向かう。 もう一方は江戸城を護る外堀 つまり飯田濠となる。

現在の外堀はこの飯田橋から地下にもぐり、飯田濠は姿を消している。 昭和の終わりころに、飯田橋から牛込橋の間が暗渠となり、現在はその上が水辺公園となっている。

飯田濠の上に造られた公園

JR飯田橋東口から西口にかけ、暗渠となった飯田濠の上に公園が作られている。 近くのオフィスに勤めるOLたちが、昼休みに木陰でランチをとる姿が多い。

飯田濠跡

牛込揚場跡

水辺公園の中ほどに牛込揚場跡の碑が立つ。 隅田川から神田川を船で遡って運ばれる荷を、この辺りで荷揚げしていた。

 牛込揚場跡

巨大な石組 牛込門

JR中央・総武線の飯田橋西口改札は、牛込橋の中ほどにある。 改札を出て左を見ると、大きな石垣が道路を挟んで左右にドーンとそびえている。 牛込門の枡形跡である。

この牛込門は阿波藩の普請によるものだが、何と40日という短期間で工事を終えたという。 かなり周到な準備がなされたことであろう。

牛込門

牛込橋から下を見ると中央・総武線が走っている。 牛込門の石垣は、この線路と同じ高さからそびえている。 ビルの何階分に相当するのか?

牛込門

反対側から眺める

線路と反対側の道路に廻ってみる。 2階建てくらいの高さはある。 線路からの高さを考えると4~5階建て相当の高さになると思う。

牛込門

震災による復旧工事?

東側(交番側)にある石垣は、何やら工事がなされている。 写真で見る通り、新しい石が組み入れられている。 東日本大震災の復旧工事だろうか?

牛込門

牛込見附の位置

千代田区が設置した説明板によると、牛込見附は神楽坂方向から牛込橋を渡る道を塞ぐような形で置かれていたことがわかる。

牛込門

今も残る牛込柳町や牛込箪笥町などの名を聞くと、子供の頃「火事はどこだ! 牛込だ! 牛の〇〇〇〇丸焼けだ!」というフレーズに、多少の抑揚をつけて遊んだことを思い出す。 何の意味があったのか不明だが、何でこんなもの覚えているのだろう・・・


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です