小さな優れもの バーエンドミラー

ラレー
先日ネットで偶然見つけた、富士彫刻工業所の「バーエンドミラー」。 名前の通りハンドルの先端に取り付ける、超小型サイドミラーである。

ハンドル先端がちょこっと飛び出す程度で、あまり目立たなくて良さそうである。 しかしあまりに小さいので、どの程度後方が見えるのか少々心配だったが、あまり考えずにポチッと注文。


届いたミラーを見ると、ミラー部分が回転して左右に角度調節ができる。 更に上下にもスライドするので、上下の角度調整も可能なようで、思っていた以上に優れもののようである。

バーエンドミラー

さっそく取り付けてみたが、径が少々細くてゆるく、しっかり止まらない。 これでは走っているうちに、振動で抜け落ちてしまいそうである。 そこでパッキン代わりに輪ゴムを巻いて取り付けてみた。

バーエンドミラー

これで結構しっかり止まり、少々の振動でも大丈夫そうである。

バーエンドミラー

天気が良いので、さっそく試用に走ってみる。 思っていた通り、外観上はほとんど目立たない。

バーエンドミラー

アルミ蒸着と異なり、本物の鏡を使っているようで、大変クリアーに良く見える。

バーエンドミラー

千葉のポートタワーまで、片道10Kmほどを走ってみた。 あまり目線を動かすことなく、また視認性も良いのが嬉しい。 しかしあまりミラーに頼らずに、後方をしっかり視認する必要はある。

もう少し広い角度で後方が見えると良いのだが、サイズからやむを得ないだろう。  他のミラーを使ったことがないので比較も出来ない。 また自転車を倒した時、衝撃で鏡が割れたり傷がつく恐れがありそうだが、これは保護フィルムを張れば多少は回避できそうである。

角度調節して固定することが出来ないので、少し触ったりすると角度が変わってしまうようだが、裏面のネジを少し硬めに締めればこれも大丈夫そうである。

総合評価は、思っていた以上に使い物になる、満足度の高い一品である。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です