8宿 熊谷宿

日本橋

旅行日:2014年10月17日

朝から天気は上々で、秋の空が広がる。 桶川から自転車で進んでいるが、少しずつ風が強くなってきている。 まともに向かい風であり、「嫌な風だ!」と思いながら熊谷を目指して走る。

熊谷までの旧中山道は、途中で吹きさらしの荒川土手を行くことになる。 「風よ弱まってくれ!」と念じながら走ったが、願いむなしく土手の上はかなりの向かい風であった。

日 付 区 間 里程表 実距離 万歩計 ルート
2014年
10月7日
桶川宿から鴻巣宿 1里30町 7.2Km 8.3KM 自転車 Map
鴻巣宿から熊谷宿 4里6町 16.4Km 15.6KM
合 計 6里 23.6Km 23.9Km
日本橋からの累計
(累計日数 : 5日目)
16里14町 64.4Km 70.8Km 86,130歩

里程表 : 別冊歴史読本「図説 中山道歴史読本」より。
実距離 : 各区間のコース計画時、ルートラボを利用して計測した距離。

ルートラボルートを見る → “のんびり中山道”で検索)


スポンサーリンク

間の宿 吹上へ

鴻巣を後にして熊谷へ向かう。 鴻巣・熊谷間は4里6町(約16.4Km)と距離が長い。 その為、吹上に立て場(休憩所)が出来て、間の宿として賑わった。

【加美交差点】
加美交差点に新しい道標が立つ。
「京三条大橋へ百二十三里六町(約四百八十四粁)」 先はまだ長い!

加美交差点の道標

【蓑田追分の地蔵堂】

蓑田追分の地蔵堂

街道の雰囲気が増してきた。

街道風景

【元荒川】
吹上駅前で街道を外れ、元荒川を眺める。 春には桜が見事なことだろう。

元荒川(吹上)

【軍馬頭尊】
日露戦争の始まった明治37年に建てられたようだ。

軍馬頭尊

【大谷石の蔵】

大谷石の蔵

【間の宿碑】
吹上は鴻巣宿と熊谷宿の、間の宿として発展した。
高崎線が中山道を横切って分断しているので、陸橋で線路を超えて進む。

間の宿碑(吹上)

熊谷堤を行く

荒川土手に上がると、やはり激しい向かい風となる。 体を丸めて抵抗を減らすが、漕げども漕げども前に進まず。 写真を撮るため自転車を停めても、自転車は風で倒される。

【街道風景】
秋の実りと静かな街道風景

中山道風景

【権八延命地蔵】
権八延命地蔵の所から、右の荒川土手に上がる。

権八延命地蔵

【 権八延命地蔵 】
「お若えの、お待ちなせぇ~」というセリフが有名な歌舞伎だか狂言に、”白井権八”という名が出てくるそうだ。 実名は平井権八という鳥取藩士で、実在の人物だそうだ。

平井権八は同僚を殺害して脱藩。 江戸に逃走する途中、地蔵前で上州商人を殺め300両を奪う。 現場を見た地蔵に「今のことは他言してくれるな」と口を封じると、地蔵が「吾は言はぬが汝言うな」と言い返したと云われ、“物言い地蔵”とも言われている。

Wikipediaによると、権八は辻斬りで130人もの人を殺して金品を奪ったという。 最後は自首して、鈴ヶ森刑場で磔刑になったそうだ。 享年25歳。

【熊谷堤(熊谷八丁堤)】
遠く秩父の山々を背景に広大な河川敷が広がるが、荒川の川面は見えない。

熊谷堤

【決壊の碑】
昭和22年のカスリーン台風で、ここで堤防が決壊。 同じく決壊した利根川の濁流と合流して、東京まで洪水が押し寄せたという。

決壊の碑

【久下集落】
2Kmほど進んだ後、土手を下り久下の集落に入る。
鎌倉時代、ここは熊谷直実の叔父・久下氏の領地だった。

久下の集落

【再び熊谷堤へ】
土手に打ち捨てられたような石の祠。 水辺の神「九頭竜」らしい。

水辺の神「九頭竜」

遠くに荒川の川面がやっと顔を出す。

荒川が見える

あと1~2週間もすれば、この銀杏も黄金色に輝くことだろう。

【東竹院】
地名となっている「久下家」の家紋を持つ寺。 久下家は源頼朝が挙兵した時から仕え、一の谷、壇ノ浦の戦いに功績をあげたそうだ。

東竹院

熊谷への道く

風の強かった荒川土手を抜けたが、相変わらず風は強い。 しかし熊谷まではもう近い。

【元荒川源流】
元荒川の水草ゆらめく源流。”ムサシトヨミ”という淡水魚が生息する。

元荒川

煙出し屋根の立つ家。

中山道沿いの家

屋根と棟瓦が美しい。

中山道沿いの家

熊 谷 宿

熊谷は大きな街で、昔から秩父、川越、太田、足利方面への脇往還が通り、大いに賑わったという。 また保元・平治の乱で活躍し、一の谷の合戦で平敦盛を討ち取った熊谷次郎直実の出身地として知られている。

【熊谷宿本陣跡】
昭和20年8月14日の終戦前夜に、空襲で市内の大半が焼け落ちたそうだ。
その為か、宿場の遺構や古い建物などは少ない。

熊谷宿本陣跡

【熊谷寺】
熊谷次郎直実が出家して住んだといわれ、墓所もあるが参拝はできない。

熊谷寺

【 熊谷次郎直実とは 】
平家物語の中で、敦盛の最後はあまりに有名なので説明は省略するが、この年1184(寿永3)年2月7日、“直実”44歳、“敦盛”16歳であった。 直実はその後出家し、「蓮生法師」として熊谷寺で往生している。

話は変わるが、5千円札の肖像となっている新渡戸稲造は、明治の頃に「武士道」という本を著したとのこと。 この本は日本の精神を世界に紹介するために英語で書かれ、この中で、「『仁』を全うした武士」として、熊谷次郎直実を紹介したそうだ。

また長野市の信州大工学部の近くに、この地で病没した直実の次女を弔った「姫塚」と、翌年直実がこの地を訪れて娘の死を知り、娘の菩提を願うために開いたと伝わる仏導寺がある。

【八木橋百貨店】
八木橋百貨店は旧中山道の上に建つので、店内を歩いて旧街道を行く。

八木橋百貨店

【百貨店内の中山道】
八木橋百貨店の店内を通る旧中山道。 灯篭が置かれている。

八木橋百貨店

【熊谷次郎直実の像】
熊谷駅前に立つ、熊谷次郎直実の像。

熊谷次郎直実の像


この先深谷まで行こうと考えたが、「風も強いし、大きな輪行バックを抱えて帰宅ラッシュの中を帰るのも嫌だな・・・」と自分に言い訳して止めることにした。 熊谷駅で自転車をたたみ、早々に帰途についた。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です