5宿 上尾宿

日本橋

旅行日:2014年10月7日

大宮から上尾、桶川へと歩を進める。 首都圏を走る京浜東北線は大宮が終点であり、この先は東北本線と高崎線に分かれるが、中山道は高崎線沿いに進む。

大宮を過ぎれば多少旧街道の雰囲気が出てくるかと思っていたが、まだまだ市街地を歩くことになる。

日 付 区 間 里程表 実距離 万歩計 ルート
2014年
10月7日
大宮宿から上尾宿 2里0町 7.9Km 8.4KM 20,501歩 Map
上尾宿から桶川宿 34町 3.7Km 3.6KM
合 計 2里34町 11.6Km 12.0Km 20,501歩
日本橋からの累計
(累計日数 : 4日目)
10里14町 40.8Km 46.9Km 86,130歩

里程表 : 別冊歴史読本「図説 中山道歴史読本」より。
実距離 : 各区間のコース計画時、ルートラボを利用して計測した距離。

ルートラボルートを見る → “のんびり中山道”で検索)


スポンサーリンク

大宮駅を出発

【東北本線ガードをくぐる】
大宮駅から歩き始める。 前回歩いた氷川神社裏参道を過ぎると、
東北本線と東武野田線のガードをくぐる。

東北本線のガード

【大山御嶽山道標】
「大山 御嶽山 よの 引又 かわ越みち」とある。
説明板には、”引又”とは志木のことと書かれていた。

大山御嶽山道標

【東大成の庚申塔】
江戸時代前期の元禄10年(1697)に建てられた。
目や耳の病気の時には、お団子を供えるそうだ。

東大成庚申塔

今度は東北・上越新幹線と、ニューシャトルのガードをくぐる。

新幹線ガード

【村社・賀茂神社】
旧加茂宮村の鎮守。 いわゆる村の鎮守様である。

村社 賀茂神社

上 尾 宿

上尾市に入る。

上尾に入る

【不動尊道標】
「馬喰新田」という名のバス停前に立つ。
この近辺は、牛馬に関係する博労が多かったのか?

不動尊道標

【懐かしい建物】
昭和の香りを漂わせる建物が現れた。

昭和な建物

【現代の道標】
街道沿いの中山道標柱が導いてくれる。

中山道道標

【脇本陣の鬼瓦】
脇本陣・井上家の鬼瓦が、塀の一部となっている。

脇本陣・井上家の鬼瓦

屋根の上の鐘馗様

上尾駅に近づくと、数は少ないが、店先や屋根の上に鐘馗様の像を見ることができる。
北国街道を自転車で走った時、丹波島宿で見た屋根上の鐘馗様と同じ意味を持つようだ。

【屋根の上の鐘馗様】
「おしゃれ工房新井屋」の看板下に立つ鐘馗様。

屋根の上の鐘馗様屋根の上の鐘馗様

和菓子屋「伊勢屋」店頭には、屋根から降りた?鐘馗様が立つ。

鐘馗様

「彩の国平成の道標」屋根にも鐘馗様が立っている。

ここにも鐘馗様

【 鐘馗様の役割 】
火事などの災い避けとして、屋根に鬼瓦を乗せる場合がある。 しかし鬼瓦に睨まれると、疫病が来るとか魔がさすと言われているらしく、向かいの家では鬼より強い鐘馗様を屋根に立てて対抗したとのこと。 そう言われてみると、「おしゃれ工房新井屋」の斜め向かいには、脇本陣井上家の鬼瓦がある。

一方 北国街道・丹波島宿では、「宿場に入ってくる邪気を払うため、街道入口や脇道からの突き当りの家の屋根に鐘馗さまの飾り瓦が置かれている。」と説明されていた。 いづれも災い避けに変わりはないようだ。

屋代宿から善光寺宿へ
2014年5月15日 2日目の朝、窓の外を見るとどんよりとした曇り空。 天気予報は「曇りのち雨」。 今回の最大の楽しみである、残雪の北...

“玉の輿”の悲しい話

上尾駅の先を右に行くと、奈良の唐招提寺の姿に似た遍照院に「孝女お玉の墓」がある。 「玉の輿」にふさわしくも悲しいエピソードを知り、立ち寄ってみることとした。

【遍照院と孝女お玉の墓】

遍照院孝女お玉の墓

【 孝女お玉の悲しい話 】
お玉は貧しい生家を助ける為、11歳で飯盛旅籠「大村楼」で働き始め、美しく気立て良い評判の遊女となる。 19歳の時、参勤交代のお供で来た加賀前田藩の小姓に見初められ、共に江戸に下った。

ここまでの話は、まさに「玉の輿に乗った遊女」である。 しかし2年後に病に罹り上尾に戻され、僅か25歳で生涯を終えたという。 そして飯盛旅籠「大村楼」の主人が、薄倖なお玉の墓を建てたというが、墓石はさほど古くはないように見えた。

上尾を過ぎ、次の桶川宿を目指す。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です