4宿 大宮宿

日本橋

旅行日:2014年9月30日

2014年9月30日。 この日は浦和から歩き始め、大宮の氷川神社へ寄り道する為、大宮まで歩いて終わりとする。 この氷川神社への参道は中山道の古道だったそうで、約2キロに及ぶケヤキやクスノキの並木が続く。

浦和からの街道沿いはすっかり市街地化され、ビルの谷間を進むことになる。 途中さいたま新都心の高層ビルを左に眺めながら進み、やがて氷川神社の一の鳥居が見えると大宮宿はもう近い。

日 付 区 間 里程表 実距離 万歩計 ルート
2014年
9月30日
浦和橋から大宮宿 1里10町 5.0Km 9.6KM 14,977歩 Map
合 計 1里10町 5.0Km 9.6Km 14,977歩
日本橋からの累計
(累計日数 : 3日目)
7里16町 29.2Km 34.9Km 65,629歩

里程表 : 別冊歴史読本「図説 中山道歴史読本」より。
実距離 : 各区間のコース計画時、ルートラボを利用して計測した距離。

ルートラボルートを見る → “のんびり中山道”で検索)


スポンサーリンク

浦和駅前を出発

AM9:50にJR浦和駅に到着。 10時丁度に前回の続きを開始する。 9月末とはいえ、まだ強い陽射しの下を歩くと汗が出る。 日陰を拾いながら大宮を目指して歩き始める。

【鉄道模型店】
踏切のある家に出くわす。 鉄道模型の店だった。 さすが・・・

鉄道模型の店

【浦和レッズ】
北浦和にある、浦和レッズのマスコット「レディア」と選手の足型。

浦和レッズのマスコット

【針ヶ谷の庚申塔】

針ヶ谷の庚申塔

一本杉の仇討ち

【一本杉の碑】
現在は杉はないが、車道側に「一本杉」と彫られた石碑が立つ。
水戸藩士・宮本佐一郎の息子・鹿太郎が、ここで見事仇討ちを果たした。

一本杉の碑

針ヶ谷村の仇討ち その真相は如何に?
北浦和から与野に向けて旧中山道(県道164号)を進み、与野駅近くに来ると、車道側に「一本杉」と刻まれた簡素な石碑が立つ。 ...

さいたま新都心

【けやき並木】
左手にさいたま新都心を望むようになると、立派なけやき並木が現れる。
9月とはいえ、まだ暑いので木陰に入るとホッとする。

ケヤキ並木

【さいたま副都心】
JRの線路を挟んで、さいたま新都心の高層ビルが立ち並ぶ。

さいたま新都心

【火の玉不動とお女郎地蔵】
歩道上の小さな屋根の下に並んでいる。
由縁が書かれていたが、長くなるので省略。

火の玉不動とお女郎地蔵

火の玉不動とお女郎地蔵火の玉不動とお女郎地蔵

大宮宿が近づく

【氷川神社 一の鳥居】
氷川神社参道入口に立つ一の鳥居。 参道には入らず、まっすぐ街道を進む。

大宮氷川神社一の鳥居

【加賀前田藩の屋敷門】
加賀前田家の江戸屋敷から貰い受けたという屋敷門が残る。
門扉が新しく造り替えられたようだ。

前田家江戸屋敷の門

【塩地蔵(左)と子育て地蔵(右)】
2人の娘を連れた父が旅の途中で病に倒れ、夢枕に現れたお地蔵様のお告げで娘が“塩断ち”すると病が全快したと伝わる。

塩地蔵

大宮宿

大宮宿は、古くは氷川神社の門前町として栄へ、寛永年間に宿駅制が出来てから宿場街として、最盛期には本陣1軒、脇本陣9軒と賑わった。 しかし現在の大宮で、昔の宿場の面影を探すことは難しい。

【涙橋の碑】
吉敷町の街外れに処刑場があり、罪人の親類縁者が別れを惜しんで涙を流した橋が、いつしか「涙橋」と呼ばれるようになった。

涙橋の碑

【大宮中心街】
大宮高島屋が見える。 髙島屋のある交差点を左折すれば大宮駅だ。

大宮中心街

【大宮高島屋】
北澤本陣の跡地に建つそうだが、何の説明もない。

大宮高島屋

【内倉新右衛門本陣跡】
高島屋交差点を越え、次の路地を入るとある。 大宮宿で最初の本陣だった。

大宮本陣跡

大宮氷川神社

高島屋のある交差点を右に曲がり、「武蔵一の宮 氷川神社」に向かう。 「一の宮」と名の付く神社は、上総一ノ宮や常陸一の宮など全国にある。 神社の格式では「一の宮」が最上位で、次に「二ノ宮」と呼ばれる神社が続くようだ。

【氷川神社参道】
江戸時代初期にはこの参道が中山道だった。
しかし神域を避けるため、現在の旧中山道に付け替えられた。

氷川神社参道

【氷川神社 二の鳥居】
参道の中間点に立つ「二ノ鳥居」は、木造では“関東一”の高さを誇る。

氷川神社二の鳥居

【氷川神社】
神楽殿の向こうにあるのが氷川神社本殿である。

大宮氷川神社

【氷川神社 裏参道出口】
裏参道と旧中山道の合流点に立つ「官幣大社 氷川神社」の石碑。

氷川神社裏参道

これからの旅の無事を氷川神社に願った後、神社を一周して街道に戻り、大宮駅から帰途につく。

蕨宿は結構良い雰囲気を残していたが、浦和宿や大宮宿には昔の姿を忍ぶものはほとんど無かった。 この先に期待しよう・・・


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です