3宿 浦和宿

日本橋

旅行日 : 2014年9月22日

蕨宿を出て、次の浦和宿を目指す。 この蕨から浦和にかけての街道は、現在の国道17号を通らずに歩くことができる。  17号は歩道はしっかりしているが、交通量が多くてうるさい。 もちろん排気ガスも多く、できれば避けたい道である。

浦和宿手前に調(つき)神社がある。 昔の税制である租庸調の「調」の集積所だったことが名の由来だそうだ。  「租庸調」という言葉は、中学か高校で習って以来ではないかと思うくらい、久し振りに聞く言葉である。

日 付 区 間 里程表 実距離 万歩計 ルート
2014年
9月22日
板橋宿から蕨宿 2里10町 8.9Km 9.4Km 25,189歩 Map
蕨宿から浦和宿 1里14町 5.5Km 4.8Km
合 計 3里24町 14.4Km 14.2Km 25,189歩
日本橋からの累計
(累計日数 : 2日目)
6里6町 24.2Km 25.3Km 50,652歩

里程表 : 別冊歴史読本「図説 中山道歴史読本」より。
実距離 : 各区間のコース計画時、ルートラボを利用して計測した距離。

ルートラボルートを見る → “のんびり中山道”で検索)


スポンサーリンク

蕨から浦和へ

蕨宿を出て国道17号を渡り、浦和の六辻を目指す。

蕨付近

【辻一里塚跡】
外環道交差点手前の一里塚跡。 日本橋から5つ目の辻一里塚の石碑が立つ。

辻一里塚跡

【焼米坂】
六辻を越え、焼米坂を登る。 昔この辺りで焼米を売っていたそうだ。
焼米とはどの様なものか? 焼きおにぎりを想像するのは私だけか?。

焼米坂焼米坂

【古い商家】
浦和に着く手前に、立派な屋根を持つ古い商店があった。

古い商家古い商家

【調(つき)神社】
昔の税制であった「租・庸・調」の調の集積場所だった。
神社なのに鳥居は無く、狛犬の代わりに狛兎が鎮座している。

調神社調神社

【古いお茶屋さん】
昔のお帳場のような雰囲気を持っている。

古い商家

浦和宿に入る

【浦和駅西口】
浦和宿の入り口だが、全くその面影はない。

浦和駅西口

【浦和宿石碑】
歩道上の石碑が、かつて宿場であったことを示している。

浦和宿石碑

【浦和本陣跡】
街道から少し奥まった公園に、ひっそりと説明板ある。
加賀前田家や皇女和宮が休憩したと説明されている。

浦和本陣跡

【野菜を商う女性像】
カボチャとサツマイモだろうか? 歩道上で野菜を売っている。
思っていた以上に大きく、また結構リアルに出来ていた。

野菜を商う女性像

【浦和宿二・七市場跡】
毎月二・七のつく日に市が立ち賑わった。鳥居の奥の石祠に市場定杭が立つ。
月に6回開かれる「六斎市」と呼ばれる。(浦和市教育委員会)

浦和宿二・七市場跡

埼玉県に入り最初の宿場であった蕨の街は、思っていた以上に街道の雰囲気を残していた。 しかし次の浦和の街は見事に都会化され、旧街道を彷彿とさせるような建物は少ない。 これから大宮を過ぎるまでは、殆んど市街地の中を進むことになる。

この日はここで終了し、浦和駅から帰途につく。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です