日本橋を出発

日本橋

旅行日:2014年9月15日

いよいよ京都に向けて日本橋を出発である。 始めることは簡単だが、本当に京都まで飽きずに続けられるのか一抹の不安もある。 しかし「とにかく始めりゃ何とかなる!」と一歩を踏み出す。

日本橋界隈は、ここ数年で大きく変貌を遂げた。 ”日本橋再生計画”と名付けられ、オフィスや商業施設などが集約した複合ビルが何棟かオープンしている。 この新しい日本橋の街並みを眺めながらの出発である。

スポンサーリンク

日本橋

【日本橋】
橋の中央から見上げる空は、首都高速に覆われて見ることができない。

日本橋

日本橋川の川面には首都高速の橋脚が立ち並ぶ。

日本橋川

【麒麟像】
橋の中央に鎮座する麒麟。 格好良い!

麒麟像麒麟像

【欄干の獅子像】

獅子像

【日本国道路元標】
写真を撮るには、車に撥ねられる覚悟が必要な日本国道路元標。

日本国道路元標

【道路元標レプリカ】
歩道横に道路元標のレプリカが置かれている。
そばに置かれる里程標には、京都まで503Kmとある。

道路元標レプリカ

【 日本橋の晒(さらし)場 】
日本橋に魚河岸があったことは良く知られている。 橋の北詰(三越側)にあり、関東大震災で焼失したため築地に移転した。

一方南詰の東側(髙島屋側)で、現在の交番あたりには、菰(こも)ぶき小屋の晒場があり、主殺し、女犯僧、心中をしそこなった者などを見せしめにさらしたという。 新鮮な魚を買った帰りに、晒し者を見物して帰る・・ まぁ生首でなかったようなので良いのだが・・・

【三浦按針屋敷跡】
いよいよ日本橋を出発。 まず最初は三浦按針屋敷跡。
この碑のある通りの電柱を見ると、按針通りと名が付いていた。
三浦按針屋敷跡

【三井本館】
太い列柱が並ぶ三井本館。(三越側の路地を眺める)

三井本館

三井本館正面。 日の丸が無ければニューヨークのようだ。

三井本館

【十軒店跡】
人形店が十軒あり、雛祭りや端午の節句に人形市で賑わった。

十軒店跡

日本橋は江戸時代の商業・文化の中心であった。 近辺には「〇〇跡」とか「〇〇発祥の地」など、歴史を示すものも数多く存在する。 しかし日本橋界隈はいつでも来れるので、今回は寄り道せずに、まっすぐ板橋宿に向かうことにする。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です