向島

来島海峡大橋

2012年5月25日(金)

尾道側からのしまなみ海道第一歩は向島。 読み方は「むかいしま」が正しいようである。 僅か5分の船旅のため、海の上から尾道の街並みをゆっくり眺める暇もなく到着である。

島といっても、川のような尾道水道で隔てられているだけである。 向島の北岸には家や工場が多く建ち並ぶせいか、島の風情のような感じはあまりない。 東京でいえば多摩川や荒川の向こう側が、ちょっとひなびたローカルな街だった・・・ という感が否めない。

スポンサーリンク

兼吉バス待合所

尾道渡船を下船すると、目の前に「兼吉バス待合所」と呼ばれる白い木造の建物がある。 一応観光スポットらしい。 「けんきち」と読むものだと思っていたが、正しくは「かねよし」と呼ぶそうだ。

「あした」という映画のロケセットを移築したそうだが、その映画は全く知らない・・・

兼吉バス待合所

映画のロケで使われたという兼吉バス待合室

観光協会や向島の方には申し訳ないが、映画も知らないので、建物を見ても「フ~ン!そうなんだ・・・」という感想しかなかった。

捕虜収容所跡

兼吉バス待合室から少し走ると、レトロ感溢れる、のこぎり屋根の赤レンガ壁がある。 現在は向島紡績であるが、太平洋戦争中は捕虜収容所だったそうである。

赤レンガの壁には、この捕虜収容所のあらましを記したプレートが貼られている。 これによると「第2次大戦中、日本国内に91箇所の捕虜収容所を設け、約3万6千人を収容していた。 この向島には米国や英国兵士216名が収容され、造船所での労働に従事し、終戦で解放されるまでの間に、23名が亡くなった」そうである。

捕虜収容所跡捕虜収容所跡

それにしても、国内に91箇所もの捕虜収容所があったとは知らなかった。

閉まっていた吉原家住宅

寛永12年築(1935年)で、国の重要文化財に登録されている、日本最古の農家を訪れる為に島の中央部へ向かう。 「吉原家住宅」と呼ばれる農家の門に立ったが、閉まってる。 「時間が早すぎたか?」と思いながら再度ガイドブックを調べると、何と日曜・祭日しか公開していない。 「平日なのでやむ得ない・・」と、再度海辺目指して戻ることになった。

吉原家住宅

門を閉ざしていた吉原家住宅

岩子島へ

吉原家住宅から県道377号に戻りしまなみ海道を進むと、向島の西側の海辺に出る。

尾道水道と同じように、川のように狭まった海の対岸は岩子島である。 この辺りまで来ると、瀬戸内ののどかさを感じることが出来る。 のんびり風景を眺めながら走ると、やがて赤い橋が見えてきた。

対岸は岩子島

対岸は岩子島 のどかな漁村風景である
岩子島と向島大橋

岩子島へ通じる向島大橋が見えてくる

厳島神社の赤穂浪士

岩子島にある厳島神社へ足を伸ばす。 あの有名な広島の厳島神社と関係があるのだろう。 石灯篭が点在する白い砂浜にある参道を行くと、浜辺に赤い鳥居、海中にも石灯籠が立っている。

岩子島の厳島神社

白砂上の参道
岩子島の厳島神社岩子島の厳島神社

社殿と思われる建物に、ずらりと武者絵が掛けられている。 良く見ると赤穂浪士であった。 何故赤穂浪士なのか?  特に説明らしきものもなく、どの様な関係があるのか不明である。

厳島神社の赤穂浪士

赤穂浪士の絵 厳島神社なら平家一門では??

歴史を感じる常夜灯

向島を走って気付いたが、古そうな常夜灯が島内に点々と残っている。 普通の住宅街の中に、また海辺の漁港などに、粗削りな石の灯篭が立っている。 何年頃に建てられたかはわからないが、かなり古そうである。 今でも灯りがともることがあるのだろうか?

東京や関東一円では、神社の灯篭はあるものの、このような街中の常夜灯は見た覚えがない。 そういえば、広島の鞆の浦の埋め立て問題のニュースで、鞆の浦に立つ常夜灯が良く映っていた。

常夜灯

常夜灯常夜灯

因島大橋

岩子島から向島に戻り、海沿いに南下すると因島大橋が見えてくる。 橋は結構高いところに架かっているので、橋の上に出るには、山を登らないといけない。 しかし自転車用に設計されているせいか、長く傾斜の緩い坂になっている。

因島大橋

因島大橋が見えてきた


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です