しまなみ海道を行く

来島海峡大橋

2012年5月25日(金)

前日に尾道に入り、ホテルに一泊した。 「どうせ寝るだけだから・・」と、値段の安いホテルを選んだが、これは失敗であった。 壁紙は湿気でめくれあがり、部屋全体が小汚い。 多少お金を出してでも、もう少し気持ち良いホテルにすべきであった。

とは言うものの、寝てしまえば夢の中。 気付けば朝である。 そしてホテルの窓から外を見ると、何と雨! 天気予報を見ても、今日は一日雨模様である。 昨日の天気予報では「曇り時々雨」だったので多少は覚悟していた。 しかし朝から雨では出鼻をくじかれる。

週間天気予報では、翌日以降良い天気が続きそうなので、とにかく出発することにした。 雨はさほど強くないが、雨具は必要そうである。 上下の雨具を着用して、雨の中を出発である。

スポンサーリンク

サイクリング クーポン

しまなみ海道に掛る橋は、歩行者は無料である。 しかし自転車を含めた乗り物は、有料である。 自転車で全ての橋を渡るには500円必要である。

そこで事前にサイクリング クーポンを購入する。 価格は500円。 少しも安くなってない! このクーポンは、ホテルのフロントなどでも購入できる。

サイクリングクーポン

小銭を用意する必要が無いので便利である

渡船で向島へ

尾道と向島間には新尾道大橋が通じているが、歩道が無いのか狭いのか、危険なため渡し船を利用するとのこと。 尾道駅前から尾道水道沿いの遊歩道を進めば、向島への渡船の乗り場ばいくつかある。 頻繁に船は出ているので、時間を気にする必要は無いようである。 どこの渡船に乗っても、向島は目と鼻の先である。

向島を走るコースの兼ね合いから、尾道渡船を利用する。 利用客は車1台とバイク1台、それに自転車の私の3人だけ。 「よくこれでやっていけるな?」と思う間もなく出発。 わずか5分ほどの船旅を楽しむことができた。

向島への渡船

向島への渡船
向島への渡船

乗ったらすぐに出発した

しまなみ海道 走行マップ

そう簡単に来ることは出来ないので、「ゆっくりと、なるべく多くのものを見て楽しもう」をコンセプトに、なるべく定番コースを外したルートを走ってみた。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です