マラガ市内散策

マラガ
今回の旅行の中間点なので、マラガでは余り動かず、ホテルでのんびり過ごして疲れた体を癒すことを考えていた。 しかしアラブの王族も来るという「コスタ・デル・ソル」である。 やはり少しは雰囲気を味わっておこうと、街に出ることにした。

スポンサーリンク

ヒブラルファロの丘を下る

ヒブラルファロの丘に建つホテルから、市街地に向けて歩いて下る。 ホテルの横にあるヒブラルファロ城の脇から山道に入ると、木立の向こうにホテルが見える。

パラドール・デ・マラガ・ヒブラルファロを望む

ジャカランダが咲く公園が途中にあったので、立ち寄ってみる。

ジャカランダが咲く

丘を下ると、マラガ砦と呼ばれるアルカサバの城壁が聳え立つ。 この奥にはローマ時代に造られたローマ劇場も残る。

マラガのアルカサバ

片腕の貴婦人 エンカルナシオン大聖堂

16~18世紀にかけて建てられたが、資金不足に陥り、18世紀の終り頃に建築が中断された。 そのため聖堂の塔は片側にしかなく、「片腕の貴婦人」と呼ばれているそうだ。

片腕の貴婦人 エンカルナシオン大聖堂

一歩足を踏み入れると、豪華絢爛な聖堂が目を引く。 コルドバのメスキータや、グラナダのアルハンブラ宮殿などを見た後なので、イスラムと西洋の文化の違いが良く判る。

片腕の貴婦人 エンカルナシオン大聖堂片腕の貴婦人 エンカルナシオン大聖堂

マラガの市内

テレビの旅番組で見たとおり、街灯にはベコニアの花が飾られている。 路面は御影石か何か、磨いたように艶がある。 雨が降ると滑りそうだ。

マラガの街

路地奥に、エンカルナシオン大聖堂の塔が見える。

エンカルナシオン大聖堂

コンステシオン広場

憲法広場と訳される。 この名を持つ広場は、他の街にもあった。

コンステシオン広場

ピカソ美術館

マラガはピカソの出身地である。 旧市街にはピカソ美術館や、洗礼を受けた教会、生家などもある。

ピカソ美術館

アトランザス市場

イスラム時代の建物を利用したと思われる市場の入口。 午後だったせいか、閉店した店もあり、人も少なかった。

アトランザス市場アトランザス市場

ホテルの部屋で夕食を食べようと、生ハムやチーズ、惣菜や果物などを調達する。 来た時に下ったヒブラルファロの丘を、再び歩いてホテルへ帰ったが、結構上り坂はきつかった。

暮れゆくマラガの街

部屋のバルコニーにある小さなテーブルを食卓に、ディナーの開始である。 テーブルが小さく、すべての料理が乗らないのが残念。

バルコニーで夕食

時間も人の目も気にすることなく、暮れゆく街と、青い地中海を眺めながらの食事は、大変贅沢な時間の過ごし方であった。

暮れゆくマラガの街暮れゆくマラガの街


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です