アルバイシン散策

グラナダ
ダーロ川を挟んで、アルハンブラ宮殿の対岸にある丘がアルバイシン地区である。 ここはイスラム教徒が住んだ地域で、グラナダ最古の街並みと、迷路のように入り組んだ、細くて急勾配な石畳の路地が続いている。

スポンサーリンク

ホテルからグラナダ中心街へ

ホテルにチェックイン後、アルバイシンを散策しながら、アルハンブラ宮殿に向かって丘を下る。 細い道の両側は白壁の家が続き、いたずら書きなどもなく美しい。

アルバイシンの細い道アルバイシンの細い道

ホテルの前の道を進むとサンミゲル教会の前に小さな広場があり、カフェのテーブルが広がっていた。

サンミゲル教会前の広場

石畳の細い道が続く。

アルバイシンの小路

グラナダ市街を見下ろす、展望の良い場所に出た。 アルハンブラ宮殿の方角ではなく、西側の街並みである。

グラナダ市街を見下ろす

グラナダ中心街に向かって、石畳の坂を下る。

アルバイシンの石畳の小路

坂を下りヌエバ広場が近づくと、カラフルなアラブ風の土産物を売る店が増えてくる。

アラブ風の土産物屋

グラナダ中心街がらアルバイシンの坂を上がる

アルハンブラ宮殿の見学を終え、来た時とは異なる道を辿り、ホテルを目指してアルバイシンの坂道を上がる。

アルバイシンの道

坂の途中に古そうな教会があった。 帰国後調べるとサン・ホセ教会という名であった。 もともとはイスラムのモスクとミナレットだったものを、キリスト教の教会と鐘楼に改築したようだ。

サン・ホセ教会

ナスル朝最後の王である、ムハンマド11世(ボアブディル)の母「アイーシャ」が住んでいたという館を探しに行く。 見るほどのものはなかったが、近くにレンガ造りのアーチ状の門のようなものがあった。 古い城壁の一部であろうか。

アイシャの館近辺

このアイーシャという母親は大変気丈な女性だったようで、城を失って泣く息子のムハンマド11世に対し、「女のように泣くがよい。男らしく守れなかったもののために・・・」と叱りつけたという話が残っているようだ。

ラルガ広場とペサスの門

アルバイシンの中心と言われるラルガ広場。 観光地から少し外れているので、観光客は少なく、地元の人達の広場のようである。

ラルガ広場

ラルガ広場から延びる、アクア・デル・アルバイシン通り。

アクア・デル・アルバイシン通り

ラルガ広場の横には、11世紀に造られた「ペサスの門」がある。 門に入ると中で道は曲がっており、敵の侵入を防いでいる。 日本の城などでも見られる「枡形」であろう。

ペサスの門

このペサスの門からクエスタ・デ・アルアカバとうい名の通りを少し西に行けば、左手に11世紀に造られたという城壁を見ることができる。

次にサン・ニコラス展望台に向かう。 この展望台から眺めるアルハンブラ宮殿は、グラナダで最も美しいと言われるそうだ。



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です