マドリード

マドリード
ポルトガル・リスボンの観光を終え、いよいと目的地であるスペインへ向かう。 スペインは最初にマドリードに入り、そこから南下してアンダルシア地方を回る予定である。

スポンサーリンク

リスボンからマドリードへ

リスボンからマドリードは、格安航空(LCC)のイージージェットを利用した。 LCCは突然の欠航や遅延などの不安もあるが、やはり料金の安さは魅力である。

リスボン発15:05の便で出発だが、カウンターは混雑するとのことで、早めに空港に行く。 やはり荷物預入れカウンターには長い行列が・・・ そして出発時刻は16:45と大幅な遅延になっていた。

イージージェットのカウンター

とにかく荷物を預けてチェックインをしたが、倉庫のような空港の待合室でボケッと待ち続ける。 やがて搭乗アナウンスが流れ、なんとかマドリードへ向かうことができた。

イージージェット

マドリードのホテル

ヨーロッパらしい雰囲気を持つ「ホテル メディオディア」に宿泊する。 アトーチャ駅の向かいでソフィア美術館の隣に建つ。 さらにプラド美術館にも歩いて行けるので立地は良い。

ホテルメディオディアホテルメディオディア

ホテルの窓から通りを眺めると、リスボンのホテルと同様に賑やかなカフェが立ち並ぶ。

ホテルメディオディアからの眺め

19時以降は無料となるソフィア美術館を訪れる予定であったが、飛行機が遅れたため諦め、翌日に行くこととした。

プリペイドSIMを買いに

リスボンで購入したスマフォ用のSIMは、国が異なるため使用できないので、新たに購入する必要がある。

ホテルで携帯ショップの場所を聞き、Vordafonのお店を訪れる。 すると驚いたことに、SIMは置いてないと言うのである。 今時その様なことはないと思われるが、プエルタ・デル・ソル近くの店にあると聞いて店を出た。 すると数軒先にOrangeの店が! すぐに店に入り、データ通信1GBで音声なしを購入。  Vordafonと同じ10ユーロであった。

ORANGEのプリペイドSIM


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です